ハーバート・グラッドストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代グラッドストーン子爵
ハーバート・グラッドストーン
Herbert Gladstone, 1st Viscount Gladstone
Herbert John Gladstone.jpg
生年月日 1854年2月18日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドンウェストミンスターダウニング街
没年月日 1930年3月6日 (76歳)
死没地 イギリスの旗 イギリスハートフォードシャー州、ウェア
出身校 オックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジ
所属政党 自由党
称号 バス勲章一等勲爵士 (GCB)
聖マイケル・聖ジョージ勲章一等勲爵士 (GCMG)
大英帝国勲章一等勲爵士 (GBE)
枢密顧問官 (PC)
治安判事 (JP)
親族 ドロシー・メアリー・パジェット

内閣 キャンベル=バナマン内閣
第1次アスキス内閣
任期 1905年11月11日 - 1910年2月19日
国王 ジョージ5世
テンプレートを表示

初代グラッドストーン子爵ハーバード・ジョン・グラッドストーン: Herbert John Gladstone, 1st Viscount Gladstone1854年2月18日1930年3月6日)は、イギリス政治家バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCMG)、大英帝国勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GBE)、枢密顧問官(PC)、治安判事(JP)。

自由党に所属し、1905年から1910年にかけて内務大臣を、1910年から1914年にかけて南アフリカ総督を務めた。首相ウィリアム・エワート・グラッドストーンの末子である。

経歴[編集]

グラッドストーンは首相も務めたウィリアム・エワート・グラッドストーンとその妻であるサー・スティーブン・グリンの娘キャサリンの間の末子で、父が財務大臣のときにダウニング街にて生まれる。なおウィリアム・ヘンリー・グラッドストーンヘンリー・ネヴィル・グラッドストーンは実兄にあたる。イートン・カレッジオックスフォード大学ユニバーシティ・カレッジで学んだ後、同大学のキーブル・カレッジの歴史科にて教鞭を3年間執った[1]

1880年にグラッドストーンは父親の私設秘書となり[1]同年の総選挙ヨークシャー州のリーズ選挙区から庶民院議員に当選した。1885年の総選挙でもリーズ西部選挙区から再選された[1]。1881年から1885年にかけて大蔵卿委員Lord of the Treasury)を務めた。1886年には第3次グラッドストン内閣においてFinancial Secretary to the War Office[訳語疑問点]となった。

1892年に父親が第4次グラッドストン内閣を組織すると彼は内務省政務次官Under-Secretary of State for the Home Department)に任じられた。続いて首相となった第5代ローズベリー伯爵アーチボルド・プリムローズの下では建設長官First Commissioner of Works)を務めた[2]。またこれに先立って枢密顧問官に列せられている[3]

1895年に下野した自由党は1905年に政権を奪還、党首のサー・ヘンリー・キャンベル=バナマンは彼を内務大臣として入閣させた[4]。この人事は成功とは看做されておらず、1910年の内閣改造で彼は更迭され、南アフリカ連邦総督および同地の高等弁務官となった[5]。同年、「カウンティ・オヴ・ラナークグラッドストーン子爵」(Viscount Gladstone, of the County of Lanark; 連合王国貴族)に叙され[6]、さらに聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロスを授けられた[7]

1914年に南アフリカ連邦から帰国し、バス勲章ナイト・グランド・クロスを授けられた[8]第一次世界大戦中は様々な慈善団体に支援を行った。1917年、大英帝国勲章ナイト・グランド・クロスを授けられた[9]

1930年にハートフォードシャーウェアで死去。息子はおらず、グラッドストーン子爵は一代で断絶した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Lundy, Darryl. “Herbert John Gladstone, 1st and last Viscount Gladstone” (英語). thepeerage.com. 2012年8月27日閲覧。
  2. ^ London Gazette: no. 26502, p. 2019, 1894年3月13日. 2012年8月27日閲覧。
  3. ^ London Gazette: no. 26494, p. 1517, 1894年3月13日. 2012年8月27日閲覧。
  4. ^ London Gazette: no. 27863, p. 8897, 1905年12月12日. 2012年8月27日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 28363, p. 3162, 1910年5月6日. 2012年8月27日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 28350, p. 2029, 1910年3月22日. 2012年8月27日閲覧。
  7. ^ London Gazette: no. 28433, p. 7906, 1910年6月14日. 2012年8月27日閲覧。
  8. ^ London Gazette: (Supplement) no. 28842, p. 4877, 1914年6月19日. 2012年8月27日閲覧。
  9. ^ London Gazette: (Supplement) no. 30250, p. 8794, 1917年8月24日. 2012年8月27日閲覧。
  • Ian Machin, entry in Dictionary of Liberal Biography, Brack et al. (eds.) Politico's, 1998

外部リンク[編集]

先代:
アレタス・エイカーズ=ダグラス
内務大臣
1905–1910
次代:
ウィンストン・チャーチル
先代:
(創設)
グラッドストーン子爵
1910–1930
次代:
(断絶)