リチャード・クロス (初代クロス子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代クロス子爵
リチャード・クロス
Richard Cross
1st Viscount Cross
Portrait of Richard Assheton Cross, 1st Viscount Cross.jpg
1895年頃のクロス卿
生年月日 1823年5月30日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドランカシャーレッド・スカー
没年月日 1914年1月8日(満90歳没)
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
前職 弁護士
所属政党 保守党
称号 初代クロス子爵英語版バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、インドの星勲章英語版ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)

内閣 第二次ディズレーリ内閣
第一次ソールズベリー侯爵内閣
任期 1874年2月20日 - 1880年4月18日
1885年6月24日 - 1886年1月26日[1]

内閣 第二次ソールズベリー侯爵内閣
任期 1886年8月3日 - 1892年8月11日[2]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 プレストン選挙区英語版
南西ランカシャー選挙区英語版
ニュートン選挙区英語版[3]
任期 1857年3月27日 - 1862年
1868年11月17日 - 1885年11月24日
1885年11月24日 - 1886年8月19日[3]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1886年 - 1914年1月8日[3]
テンプレートを表示

初代クロス子爵、リチャード・アッシュトン・クロス英語: Richard Assheton Cross, 1st Viscount Cross, GCB, GCSI, PC, FRS1823年5月30日 - 1914年1月8日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝保守党政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

1881年7月5日の『バニティ・フェア』誌に掲載された庶民院野党(保守党)席の絵。左からジョン・マナーズ卿サー・スタッフォード・ノースコート準男爵、クロス。

1823年5月30日、ウィリアム・クロスとその妻エレンの三男としてイングランドランカシャーのレッド・スカーに生まれる[4]

ラグビー校を経て、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業し、バチェラー・オブ・アーツ英語版(BA)の学位を取得[5]。その後、リンカーン法曹院インナー・テンプルで学び、弁護士となる[5]

1857年から1862年にかけてプレストン選挙区英語版1868年から1885年にかけて南西ランカシャー選挙区英語版、1885年から1886年にかけてニュートン選挙区英語版から選出され、保守党所属の庶民院議員を務めた[5][4]

1874年から1880年にかけて第二次ディズレーリ内閣内務大臣英語版として入閣[5][4]。公衆衛生法や職工住宅法の制定を主導し、スラムや不衛生の抑制を目指した[6]

1885年から1886年にかけての第一次ソールズベリー侯爵内閣でも内務大臣として入閣した[5][4]

1886年から1892年第二次ソールズベリー侯爵内閣ではインド担当大臣英語版 として入閣[5][4]。また1886年にクロス子爵英語版に叙せられ、貴族院へ移籍した[3]

1895年に成立した第三次ソールズベリー侯爵内閣では初めランカスター公領担当大臣英語版、ついで王璽尚書を務めた[5][4]1900年に政界引退し、1914年1月8日に90歳で死去した[5][4]

家族[編集]

1852年にジョージアナ・リオンと結婚し、彼女との間に以下の5子を儲けた[4]

  • 第1子(長女)ジョージアナ・ハリエット・クロス(-1957):エドワード・ウェントワース・アトキンズ=ボイヤーと結婚
  • 第2子(次女)アン・マーガレット・クロス(-1962):ヘンリー・ドーソンと結婚。
  • 第3子(長男)ウィリアム・ヘンリー・クロス英語版(1856-1892):第2代クロス子爵リチャード・クロス英語版の父。
  • 第4子(次男)ジョン・エドワード・クロス(1858-1921)
  • 第5子(三男)チャールズ・フランシス・クロス(1860-1937)

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.509
  2. ^ 秦(2001) p.511
  3. ^ a b c d UK Parliament. “Sir Richard Cross” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年6月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lundy, Darryl. “Richard Assheton Cross, 1st Viscount Cross” (英語). thepeerage.com. 2014年6月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Cross, Richard Assheton”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  6. ^ トレヴェリアン(1975) p.175

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ロバート・ロー英語版
内務大臣英語版
1874年 - 1880年
次代:
サー・ウィリアム・ヴァーノン・ハーコート
先代:
サー・ウィリアム・ヴァーノン・ハーコート
内務大臣
1885年 - 1886年
次代:
ヒュー・チルダース
先代:
初代キンバリー伯爵
インド担当大臣英語版
1886年 - 1892年
次代:
初代キンバリー伯爵
先代:
第2代ツウィードマウス男爵英語版
ランカスター公領担当大臣英語版
1895年
次代:
サー・ヘンリー・ジェームズ英語版
先代:
第2代ツウィードマウス男爵英語版
王璽尚書
1895年 - 1900年
次代:
第3代ソールズベリー侯爵
議会
先代:
ロバート・タウンリー・パーカー英語版
サー・ジョージ・ストリックランド准男爵英語版
プレストン選挙区英語版選出庶民院議員
1857年英語版 - 1862年英語版
同一選挙区同時当選者
チャールズ・パスコー・グレンフェル英語版
次代:
チャールズ・パスコー・グレンフェル英語版
トマス・ファーマー・ヘスケス英語版
新設 南西ランカシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1868年英語版 - 1885年英語版
同一選挙区同時当選者
チャールズ・ターナー英語版(1868-1875)
ジョン・アイルランド・ブラックバーン英語版1875年 - 1885年
廃止
新設 ニュートン選挙区英語版選出庶民院議員
1885年英語版 - 1886年英語版
次代:
トマス・ウッドハウス・リー英語版
イギリスの爵位
新設 初代クロス子爵英語版
1886年 - 1914年
次代:
リチャード・クロス英語版