ジョージ・スペンサー (第2代スペンサー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2代スペンサー伯爵
ジョージ・スペンサー
George Spencer, 2nd Earl Spencer
George John, 2nd Earl Spencer by Henry Pierce Bone.jpg
ガーター勲章の星章を着用した2代スペンサー伯 (ヘンリー・ピアース・ボーン英語版画、1833年)
生年月日 1758年9月1日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国サリー州、ウィンブルドン
没年月日 1834年11月10日
死没地 イギリスの旗 イギリスノーサンプトンシャー州、オルソープ
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 ホイッグ党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
王立協会フェロー (FRS)
ロンドン好古家協会フェロー (FSA)
親族 第5代デヴォンシャー公爵 (義兄)
第3代スペンサー伯爵 (息子)
第5代スペンサー伯爵 (孫)
配偶者 ラヴィニア・ビンガム
テンプレートを表示

第2代スペンサー伯爵ジョージ・ジョン・スペンサー: George John Spencer, 2nd Earl Spencer1758年9月1日 - 1834年11月10日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)、ロンドン好古家協会フェロー(FSA[訳語疑問点]

ホイッグ党に所属し、王璽尚書海軍卿内務大臣を歴任した。1765年に父がスペンサー伯爵に叙されてから自身が襲爵する1783年までは「オールトラップ子爵」の儀礼称号を称した。

経歴[編集]

1758年9月1日、イングランドサリー州(当時。1965年にグレーター・ロンドンへ移管)のウィンブルドン英語版で、後に初代スペンサー伯爵となるジョン・スペンサーの唯一の男子として生まれた[1][2][3][4][5]ハーロー校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1778年に修士号(M.A.)を取得[6]。その後1780年までの2年はグランドツアーを行った[2][3]

1780年から1782年までノーサンプトンシャー州選挙区選出の、1782年から1783年までサリー州選挙区選出のホイッグ党所属庶民院議員[2][3][4]。1782年にはノース卿フレデリック・ノース内閣英語版に対する倒閣運動に参加し[2]、続いて発足した第2代ロッキンガム侯爵英語版チャールズ・ワトソン=ウェントワース第2次政権英語版では大蔵卿委員Lord of the Treasury)の一人に任じられた[7]。1783年に父親の死去により爵位を相続し、貴族院に移った。

フランスルイ16世が処刑されフランスとイギリスが開戦すると、スペンサーはエドマンド・バークが主張するフランス革命批判に同調し、首相ウィリアム・ピット(小ピット)の支持者となった[3]。1794年6月11日、小ピットにより初代スタッフォード侯爵グランヴィル・ルーソン=ゴア英語版の後任の王璽尚書に指名されるが[8]、数日後神聖ローマ帝国駐箚特命全権大使英語版に任じられウィーンへ赴任[3][4]

帰国後、海軍卿First Lord of the Admiralty; 海軍本部ファースト・ロード、海軍大臣)として再び入閣した[9]。スペンサーが大臣職を務めた6年間は、イギリスの海軍史において最も輝かしい日々であった[3]イギリス海軍サン・ビセンテ岬の海戦キャンパーダウンの海戦に勝利し、スピットヘッドとノアの反乱を解決した。また彼はナイルの海戦に先立ってホレーショ・ネルソン地中海派遣艦隊の司令に指名した。続く2年間ネルソンと半公式の通信を続け、ネルソンの健康状態が海上勤務に耐えられないならば帰国するよう提案している[3]。1801年に小ピットは首相を辞職し、スペンサーも職を離れた。

1806年に初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィルの下で内務大臣英語版に任じられた[10]。1807年の退任後は政界から引退、ノーサンプトンシャー州の経営や文学的・自然科学的趣味に専念した[3]。1813年から1825年まで王立研究所英語版の第2代理事長を務めたほか40年にわたって大英博物館の理事であり、1812年にはRoxburghe Clubの発起人の一人として初代会長となった。

晩年のスペンサーは蒐書家としても知られており、曽祖父の第3代サンダーランド伯爵英語版チャールズ・スペンサーが作ったオルソープ図書館をヨーロッパ随一と評されるまでに再興させた[3]。蔵書についてトマス・フログナル・ディブディン英語版は『Bibliotheca Spenceriana 』(1814 - 15年)・『Æ des Althorpianæ 』(1822年)・『Book Rarities in Lord Spencer's Library 』(1811年)といった書誌を著している。コレクションは1892年にエンリケタ・オーガスティナ・ライランズ英語版によって購入され、ジョン・ライランズ図書館英語版の所蔵となった。

1780年に王立協会のフェローに選出された[11]。1794年に枢密顧問官に列せられ[12]、1799年にガーター勲章を授けられた[13]。ガーター勲章については、1797年に受勲を内示されたが初代ハウ伯爵英語版リチャード・ハウが受けるべきとして一度辞退したエピソードがある[3]

1834年11月10日にノーサンプトンシャーオルソープで死去し、同州のブリントン英語版に葬られた[1]。爵位は長男のオールトラップ子爵ジョン・スペンサーが継承した。

家族[編集]

スペンサー伯爵夫人ラヴィニア(サー・ジョシュア・レノルズ画、1781年頃)

スペンサーは1781年3月6日に初代ルーカン伯爵英語版チャールズ・ビンガム英語版の長女であるレディ・ラヴィニア・ビンガムと結婚した[1][4][5]。彼女は美貌と知性で名高く、文壇・海軍・政界に幅広い友人を持つ当時ロンドンで最も著名な女性であった[3]

夫人との間に以下の六男三女をもうけた[1]

スペンサー伯爵夫人ラヴィニアは1831年6月8日に死去した[4][5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Lundy, Darryl. “George John Spencer, 2nd Earl Spencer” (英語). thepeerage.com. 2012年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c d Christie, I. R. (1964). “SPENCER, George John, Visct. Althorp (1758-1834).”. In L. Namier, J. Brooke. The History of Parliament: the House of Commons 1754-1790. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1754-1790/member/spencer-george-john-1758-1834 2012年8月11日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k  Laughton, John Knox (1898). “Spencer, George John”. In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography. 53. London: Smith, Elder & Co. pp. 355-356. 
  4. ^ a b c d e PD-icon.svg Doyle, James William Edmund, ed (1886). “SPENCER.” (英語). The Official Baronage of England: Showing the Succession, Dignities, and Offices of Every Peer from 1066 to 1885. 3. London: Longmans. pp. 379-380. http://archive.org/stream/officialbaronag02doylgoog#page/n400/mode/2up 2012年8月11日閲覧。. 
  5. ^ a b c PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “SPENCER.” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. p. 1043. http://archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/1042/mode/2up 2012年8月11日閲覧。. 
  6. ^ Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Spencer, George John, Viscount Althorp.”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  7. ^ London Gazette: no. 12282, p. 1, 1782年3月26日. 2012年8月11日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 13685, p. 727, 1794年7月15日. 2012年8月11日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 13732, p. 1239, 1794年12月16日. 2012年8月11日閲覧。
  10. ^ London Gazette: no. 15887, p. 157, 1806年2月4日. 2012年8月11日閲覧。
  11. ^ Althorp; George John (1758 - 1834); 2nd Earl Spencer” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年8月11日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 13682, p. 696, 1794年7月8日. 2012年8月11日閲覧。
  13. ^ London Gazette: no. 15111, p. 197, 1799年2月26日. 2012年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
初代スタッフォード侯爵
王璽尚書
1794年
次代:
第2代チャタム伯爵
先代:
第2代チャタム伯爵
海軍卿
1794年 - 1801年
次代:
初代セント・ヴィンセント伯爵
先代:
ホークスベリー卿
内務大臣
1806年 - 1807年
次代:
ホークスベリー卿
先代:
ジョン・スペンサー
スペンサー伯爵
第2代:1783年 - 1834年
次代:
ジョン・スペンサー