ハ・ジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハ・ジン
誕生 金雪飛
1956年2月21日(58歳)
中華人民共和国の旗 中国 遼寧省
職業 作家詩人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 黒竜江大学英文科
ジャンル 小説
文学活動 Misty Poetry movement
主な受賞歴 全米図書賞(1999年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハ・ジン(Ha Jin:哈金、1956年2月21日生まれ)は中国系アメリカ人の現代作家で詩人・小説家。 本名はJīn Xuěfēi:簡体字: 金雪飞  正体字:金雪飛。遼寧省出身。作詩は朦朧詩運動(Misty Poetry movement)の影響下にあった。[1]

生涯[編集]

中国・遼寧省出身。父親は軍人だった。

共産党中国の初期のカオスの中で育つ。13歳(1969年)、文化大革命時代に人民解放軍に入隊。「革命」期間につき学校機能が麻痺していたため、16歳のころから独学で中国文学と高校のカリキュラムを学び始める。19歳で黒竜江大学に入学し、軍から抜ける。[2]英文学学士号取得。その後山東大学でアングロ・アメリカ文学の修士号取得。

1989年(33歳)に天安門事件が起こった時は奨学金でマサチューセッツ州ブランダイス大学で研究中だった。中国政府の軍事的弾圧を見てアメリカに国籍を移し、「作品の発展を守るため」英語で書くことにする。後にPh.D.取得。

キャリア[編集]

物語の多くの設定を中国の架空の都市Muji Cityにおいている。

1999年に長編『Waiting』(日本語訳:土屋京子訳:『待ち暮らし』早川書房)で全米図書賞・小説部門と[3] ペン/フォークナー賞を受賞。これまでにPushcart Prizeを三回、Kenyon Review Prizeを一回受賞している。

短篇の多くは『The Best American Short Stories』のアンソロジーに収録されている。

短篇集『Under The Red Flag』(1997年)はフラナリー・オコナー賞短編部門を受賞。

『Ocean of Words』(1996年)はペン/ヘミングウェイ賞を受賞。

朝鮮戦争時代を舞台にした長編『War Trash』(2004年)で二度目のペン/フォークナー賞を受賞。同賞を複数回受賞しているフィリップ・ロスジョン・エドガー・ワイドマンE. L.ドクターローと比較された。『War Trash』はピューリッツァー賞の最終選考にも残った。

近年はマサチューセッツ州ボストン大学で教えている。かつてはジョージア州アトランタエモリー大学で教えていた。

2008年秋にはドイツベルリンのアメリカン・アカデミーのMary Ellen von der Heyden Fellow for Fictionだった。

受賞歴[編集]

著作[編集]

[編集]

  • Between Silences (1990)
  • Facing Shadows (1996)
  • Wreckage (2001)
  • Ways of Talking (1996)
  • The Past

短編集[編集]

長編小説[編集]

エッセー集[編集]

  • The Writer as Migrant (2008)

参考[編集]

参照[編集]

  1. ^ A Brief Guide to Misty Poets
  2. ^ "Ha Jin". Bookreporter.
  3. ^ a b "National Book Awards – 1999". National Book Foundation. Retrieved 2012-03-27.
    (With acceptance speech by Jin and essay by Ru Freeman from the Awards 60-year anniversary blog.)
  4. ^ Julie Bosman (2012年9月30日). “Winners Named for Dayton Literary Peace Prize”. The New York Times. http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2012/09/30/winners-named-for-dayton-literary-peace-prize/ 2012年9月30日閲覧。 
  1. John Noell Moore, “The Landscape Of Divorce When Worlds Collide,” The English Journal 92 (Nov. 2002), pp. 124–127.
  2. Ha Jin, Waiting (New York: Pantheon Books, 1999)
  3. Neil J Diamant, Revolutionizing the Family: Politics, Love and Divorce in Urban and Rural China, 1949-1968(Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 2000), p. 59.
  4. Ha Jin, The bridegroom (New York: Pantheon Books, 2000)
  5. Yuejin Wang, Chinese Literature: Essays, Articles, Reviews 13 (Dec. 1991)
  6. Ha Jin, "Exiled to English" (New York Times, May 30, 2009)

外部リンク[編集]