ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイスクールミュージカル/ザ・ムービー
High School Musical 3: Senior Year
監督 ケニー・オルテガ
脚本 ピーター・バルソチーニ
製作 ビル・ボーデン
バリー・ローゼンブッシュ
製作総指揮 ケニー・オルテガ
出演者 ザック・エフロン
ヴァネッサ・ハジェンズ
アシュレイ・ティスデイル
コービン・ブルー
ルーカス・グラビール
音楽 デヴィッド・ローレンス
撮影 ダニエル・アラニョ
編集 ドン・ブロッシュ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ボーデン・ローゼンブッシュ・エンタテインメント
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 2008年10月22日
アメリカ合衆国の旗 2008年10月24日
日本の旗 2009年2月7日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $252,909,177[1]
前作 ハイスクール・ミュージカル2
次作 ハイスクール・ミュージカル4
テンプレートを表示

ハイスクールミュージカル/ザ・ムービー』(High School Musical 3: Senior Year)は、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズの3作目となる映画作品である。前2作はテレビ映画で放送されたが、今作では劇場版として公開された。また、今作はシリーズ第1部の完結編でもある。全米では2008年10月24日に、日本では2009年2月7日に公開された。前作同様ケニー・オルテガが監督と振り付けを担当し、メインキャストも同じである(新メンバーに3人がオーディションから選抜された)。

あらすじ[編集]

最上級生(シニアイヤー)になったトロイ、ガブリエラ他、ワイルドキャッツの仲間たちは、卒業を目の前にしていた。トロイ、チャド、ジーク、ジェイソンはシニアイヤーとして、高校生活の最後の試合で、相手チームに前半戦で負けてしまった(映画はここから始まる)。後半戦、高校生活の本当の最後の16分が今から始まる時、トロイは悔いの無い記録を、仲間と作りたいと本気で思う。

時は変わり、試合を終えたワイルドキャッツは、自分たちの進路について悩んでいた。今自分がしたいこと、自分の才能、本当の夢、お互いの進路はそれぞれで、恋人や友達とも別れる時が一刻一刻近づいていた。プロのバスケ選手になるのか、ガブリエラのそばに居るのか、演劇を専攻するか、トロイは悩んでいた。ガブリエラは、奨学金で一流大学から招待を受けたが、それはここアルバカーキから遠いスタンフォード大学だった。トロイは喜んで背中を押すが、本当はガブリエラと離れたくは無かった。一方、シャーペイは、弟ライアンを使って、特待生として演劇の大学への推薦を取ろうとしていた。

キャスト[編集]

前作からのキャスト[編集]

  • トロイ・ボルトン (Troy Bolton):ザック・エフロン(日本語吹替:森田成一
  • ガブリエラ・モンテス (Gabriella Montez):ヴァネッサ・ハジェンズ(日本語吹替:折笠富美子
  • シャーペイ・エヴァンス (Sharpay Evans):アシュレイ・ティスデイル(日本語吹替:永田亮子
  • ライアン・エヴァンス (Ryan Evans):ルーカス・グラビール(日本語吹替:福山潤
  • チャド・ダンフォース (Chad Danforth):コービン・ブルー(日本語吹替:関智一
  • テイラー・マッカーシー (Taylor McKessie):モニーク・コールマン(日本語吹替:坂本真綾
  • ジャック・ボルトン (Jack Bolton):バート・ジョンソン(日本語吹替:内田直哉
  • ダーバス先生 (Ms.Darbus):アリソン・リード(日本語吹替:小宮和枝
  • ケルシー・ニールセン (Kelsi Nielsen):オレーシャ・ルーリン(吹替:榎本温子
  • ジーク・ベイラー (Zeke Baylor):クリス・ウォーレン・Jr(日本語吹替:岸尾だいすけ
  • マーサ・コックス (Martha Cox):ケイシー・ストロー
  • ジェイソン・クロス:ライン・サンボーン
  • マーサ・コックス:ケイシー・シュトロー
  • ルシール・ボルトン:レスリー・ウィング
  • ヴァンス・エヴァンス:ロバート・カーティス・ブラウン
  • ルローラ・エヴァンス:ジェシカ・タック

今作からのキャスト[編集]

  • ジミー"ザ・ロケット" ザラ (Jimmie"The Rocket"Zara):マット・プロコップ(日本語吹替:水島大宙
  • ドニー・ディオン (Donny Dion):ジャスティン・マーティン(日本語吹替:石井真
  • ティアラ・ゴールド (Tiara Gold):ジェマ・マッケンジー=ブラウン(日本語吹替:佐古真弓
  • ダンフォース:デヴィッド・レイヴァーズ

サウンドトラック[編集]

進展[編集]

2007年2月ディズニーは、2008年にハロウィンがテーマの映画製作のプランを発表した。しかしディズニーは2007年9月にハロウィンがテーマの映画製作のプランを急遽取りやめ、代わりに「ハイスクール・ミュージカル」シリーズの続編を劇場版として製作することになった。Yahooニュースによると、最初の映画の原作者ピーター・バルソチーニはハイスクール・ミュージカルシリーズ3部作の脚本を書くと発表した。監督と振り付けのケニー・オルテガは3部作目に関わることが決まっている。(オルテガはアクセスハリウッドのインタビューでそれを認めた) 2008年7月13日に公式予告編がDisney ChannelABC Familyで、2008年7月14日ディズニー・チャンネル ラテンアメリカなど世界中のディズニー・チャンネルで放送された。

10月24日全米公開。同日にサウンドトラックを全米で発売した。

来日[編集]

2009年1月25日、主役のザック・エフロンとヴァネッサ・ハジェンズが成田空港に来日し、約600人のファンが駆け付けた。 1月28日にはプレミアが品川プリンスホテルで行われ、「踊れ!ジャパンプレミア」のモットーのもとで数百人のファンが出席した。 1月29日、フジテレビの『めざましテレビ』内のインタビューに応じたほか、渋谷タワーレコードで行われたファンイベントに参加した。これは、2008年12月6日に新宿ピカデリーで発売された前売り券先着500名の中から抽選で選ばれた50名である。

インターネットやハガキ応募など、プレミアやファンイベントの参加募集は多数あったが、いずれも倍率が高いものとなった。

興行収入[編集]

北米では4200万ドルを記録して初登場1位となる。これはミュージカル映画として『マンマ・ミーア!』の記録を塗り替える歴代最高のオープニングとなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b High School Musical 3: Senior Year (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]