ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイスクールミュージカル/ザ・ムービー
High School Musical 3: Senior Year
監督 ケニー・オルテガ
脚本 ピーター・バルソチーニ
製作 ビル・ボーデン
バリー・ローゼンブッシュ
製作総指揮 ケニー・オルテガ
出演者 ザック・エフロン
ヴァネッサ・ハジェンズ
アシュレイ・ティスデイル
コービン・ブルー
ルーカス・グラビール
音楽 デヴィッド・ローレンス
撮影 ダニエル・アラニョ
編集 ドン・ブロッシュ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ボーデン・ローゼンブッシュ・エンタテインメント
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 2008年10月22日
アメリカ合衆国の旗 2008年10月24日
日本の旗 2009年2月7日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $252,909,177[1]
前作 ハイスクール・ミュージカル2
テンプレートを表示

ハイスクールミュージカル/ザ・ムービー』(High School Musical 3: Senior Year)は、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズの3作目となる映画作品である。前2作はテレビ映画で放送されたが、今作では劇場版として公開された。また、今作はシリーズ第1部の完結編でもある。全米では2008年10月24日に、日本では2009年2月7日に公開された。前作同様ケニー・オルテガが監督と振り付けを担当し、メインキャストも同じである(新メンバーに3人がオーディションから選抜された)。

あらすじ[編集]

最上級生(シニア)になったトロイやガブリエラ、ワイルドキャッツの仲間たちは、イースト高校卒業を目前にしている。しかし、トロイとチャド、ジーク、ジェイソンたちが出場しているバスケの決勝戦の前半では、相手チームに負けてしまっている(映画はここから始まる)。そしていよいよ後半戦、イースト高校でプレイする最後の16分間が始まるとき、トロイは悔いのない経験を仲間たちと共有したいと心から思う……。

試合を終えたワイルドキャッツは、それぞれに自分たちの進路について悩んでいた。それぞれの恋人や親友に別れを告げるときも、刻一刻と近づいていた。父親の希望通りにアルバカーキ大学でバスケの道に進むべきなのか、トロイも人知れず悩んでいた。ガブリエラはスタンフォード大学からの奨学金を受けることが決まっていたが、スタンフォードはアルバカーキから1000マイル(約1600Km)も離れた場所にあった。スタンフォードへの入学時期を1年遅らせようかと打ち明けるガブリエラに、トロイは「チャンスを先延ばしにしてはいけない」と言って背中を押そうとするが、本心はガブリエラと離れるべきではないと思っていた。

そんなとき、ワイルドキャッツの仲間たちは、卒業間近に行われる春のミュージカルに揃って出演することになる。ミュージカルのテーマは、それぞれの「シニアイヤー(=卒業の年)」。コンサートの本番には、ジュリアード音楽院の奨学生の選考員が来ることが知らされる。しかも、その奨学金の候補者は、スター気取りのシャーペイと、その弟で振付担当のライアン、音楽担当のケルシーのほか、一人だけ申し込んだ覚えのないトロイの4人だった。……

キャスト[編集]

前作からのキャスト[編集]

今作からのキャスト[編集]

  • ジミー"ザ・ロケット" ザラ (Jimmie"The Rocket"Zara):マット・プロコップ(日本語吹替:水島大宙
  • ドニー・ディオン (Donny Dion):ジャスティン・マーティン(日本語吹替:石井真
  • ティアラ・ゴールド (Tiara Gold):ジェマ・マッケンジー=ブラウン(日本語吹替:佐古真弓
  • ダンフォース:デヴィッド・レイヴァーズ

サウンドトラック[編集]

進展[編集]

2007年2月ディズニーは、2008年にハロウィンがテーマの映画製作のプランを発表した。しかしディズニーは2007年9月にハロウィンがテーマの映画製作のプランを急遽取りやめ、代わりに「ハイスクール・ミュージカル」シリーズの続編を劇場版として製作することになった。Yahooニュースによると、最初の映画の原作者ピーター・バルソチーニはハイスクール・ミュージカルシリーズ3部作の脚本を書くと発表した。監督と振り付けのケニー・オルテガは3部作目に関わることが決まっている。(オルテガはアクセスハリウッドのインタビューでそれを認めた) 2008年7月13日に公式予告編がDisney ChannelABC Familyで、2008年7月14日ディズニー・チャンネル ラテンアメリカなど世界中のディズニー・チャンネルで放送された。

10月24日全米公開。同日にサウンドトラックを全米で発売した。

来日[編集]

2009年1月25日、主役のザック・エフロンとヴァネッサ・ハジェンズが成田空港に来日し、約600人のファンが駆け付けた。 1月28日にはプレミアが品川プリンスホテルで行われ、「踊れ!ジャパンプレミア」のモットーのもとで数百人のファンが出席した。 1月29日、フジテレビの『めざましテレビ』内のインタビューに応じたほか、渋谷タワーレコードで行われたファンイベントに参加した。これは、2008年12月6日に新宿ピカデリーで発売された前売り券先着500名の中から抽選で選ばれた50名である。

インターネットやハガキ応募など、プレミアやファンイベントの参加募集は多数あったが、いずれも倍率が高いものとなった。

興行収入[編集]

北米では4200万ドルを記録して初登場1位となる。これはミュージカル映画として『マンマ・ミーア!』の記録を塗り替える歴代最高のオープニングとなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b High School Musical 3: Senior Year (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]