ノルゲ (王室ヨット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Norwegian Royal Yacht Norge in Stockholm september 2005.jpg
艦歴
発注:
起工: 1936年
進水: 1937年2月11日
就役: 1948年7月9日
退役:
その後:
除籍:
性能諸元
排水量 満載排水量 1,786t
全長 80.2m
全幅 11.6m
喫水 4.7m
機関 ディーゼル2基 1,760hp
速力 最大17ノット
航続距離 6,500海里
定員 54名
言語 表記
日本語 ノルゲ
ノルウェー語 KS «Norge»

ノルゲ(KS «Norge»)は、ノルウェー王室が所有し、ノルウェー海軍が維持運営するヨットである。

概説[編集]

過去、あるいは現代も、ヨーロッパの王室はヨットを所有していることが多い。その中でもノルウェーの王家はヨットへの関心が深いことで知られる。もともと、独立後の初代国王ホーコン7世に対して、ヨットを贈呈することが王を迎えるときに決まっていたが、二つの世界大戦とその間の世界恐慌のために果たせなかった。そこで、大戦終結によってドイツの占領が終わると、1947年に国民の募金運動によってヨットの購入資金が集められ、買い入れられたのが本船である。

ノルゲの前身は、イギリスで1937年に竣工した豪華ヨットフィランテ(Philante)であり、大戦中はイギリス海軍の対潜艦として徴発改造され、船団護衛に従事していた。47年に購入され、改装されて48年にノルウェー海軍籍で再就役し、現在に至る。1985年にドッグに入っての修繕工事の際、溶接の不手際から火災が発生してかなりの被害を受けたが、再建されている。

ノルウェー王家では、ホーコン7世の息子オーラヴ5世セーリングアムステルダムオリンピックに出場し金メダルを獲得、後継者ハーラル5世も1964年東京オリンピック出場経験を持つなど、代々ヨットに注力してきた。日本のヨットレースでノルウェーの名の冠されたものがあるが、これはハーラル5世が国王として再び来日したことを契機とするものである。

ノルゲはプライベートに使われるほか、外交公務でヨーロッパ各国を盛んに訪問している。ノルウェー王室と外務省の発表に注意していれば、ノルゲがいつどこを訪れているのかがわかる。

外部リンク[編集]