ナッソー (強襲揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Nassau (LHA-4)
艦歴
発注 1970年11月6日
起工 1973年8月13日
進水 1978年1月21日
就役 1979年7月28日
退役 2011年3月31日
性能諸元
排水量 39,200トン
全長 833 ft (254m)
全幅 106 ft (32.5m)(船体)
132.2 ft (40m)(飛行甲板)
吃水 26 ft (8m)
機関 蒸気タービン 2基 70,000馬力 2軸
最大速力 24ノット
航続距離
乗員 乗組員 士官82名、兵員 882名
輸送 海兵隊員 1900名+装備
搭載機 任務により変化する。
数値は最大値
AV-8B ハリアー II 6機
AH-1W コブラ 4機
CH-46 シーナイト 12機
CH-53 シースタリオン 9機
UH-1N ツインヒューイ 4機
兵装 RAM 2基
ファランクス 2基
Mk 38 25 mm 機関砲 4基
母港 ノーフォーク

ナッソー (USS Nassau, LHA-4) は、アメリカ海軍揚陸艦タラワ級強襲揚陸艦の4番艦。艦名はアメリカ独立戦争において大陸海兵隊ニュープロビデンス島ナッソーへ2度にわたって襲撃を行ったナッソーの戦いに由来する。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ナッソーはミシシッピ州パスカグーラのインガルス造船所で1973年8月13日に起工する。1979年7月28日に就役した[1]

ナッソーは海兵隊の一個両用戦大隊ならびにその装備を揚陸させる能力を持つ。艦内には1,400のコンパートメントと9基のエレベーター、2基の垂直コンベアが装備される。主機として2基のボイラーを装備し、それらはアメリカ海軍内でも最大の機材である。2基のボイラーは1時間あたり400トンの蒸気を発生し、140,000馬力の出力を生じる。ナッソーの発電システムは14MWの電力を発生し、艦内に電気を供給する。

建造には鋼材2万トン以上、アルミニウム3,000トン以上、600km以上の配線および130km以上の配管が使用された。また、300床を有する救護室、4つの治療室、3つの歯科治療室も装備する。

ベイルート海兵隊司令部爆破事件から4ヶ月後の1984年2月、ナッソーは第24海兵揚陸部隊を乗せベイルートに展開した[2]


参照[編集]

  1. ^ MC3 Jonathan Pankau USS Nassau Celebrates Birthday in Style July 29, 2009 Navy News
  2. ^ www.history.navy.mil/shiphist/n/lha-4/1984.pdf

外部リンク[編集]