ナタリー・コシュースコ=モリゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナタリー・コシュースコ=モリゼ
Nathalie Kosciusko-Morizet

2012年


フランスの旗 環境・持続的開発・計画大臣
任期
2010年11月13日 – 2012年2月22日
首相 フランソワ・フィヨン
前任者 ジャン=ルイ・ボルロー
後任者 フランソワ・フィヨン

フランスの旗 環境担当閣外大臣
任期
2007年6月19日 – 2009年1月15日
首相 フランソワ・フィヨン
前任者 (創設)
後任者 シャンタール・ジュアノ

任期
2008年3月22日 – 2013年2月25日

任期
2002年7月19日 – 2007年7月19日

出生 1973年5月14日(41歳)
フランスの旗 フランスパリ
政党 国民運動連合
配偶者 Jean-Pierre Philippe
母校 エコール・ポリテクニーク
2006年ポートレート

ナタリー・ジュヌヴィエーヴ・マリー・コシュースコ=モリゼコシウスコ=モリゼNathalie Geneviève Marie Kosciusko-Morizet1973年5月14日 - )は、フランス政治家国民運動連合所属。イニシャルを短縮してNKMと呼ばれる。フランソワ・フィヨン内閣で環境担当閣外相を務め、2010年より環境・持続可能開発・運輸住宅大臣に就任した。

経歴・概要[編集]

生家はポーランド出身でポーランド独立の志士、コシューシコの兄、ユーゼフ・トーマシュ・コシューシコ(Józef Tomasz Kościuszko、1743年-1789年)の子孫に当たる。曽祖父アンドレ・モリゼは、社会党所属の上院議員でブローニュ=ビヤンクール市長を務めた。祖父ジャック・コシュースコ=モリゼは、第二次世界大戦中、ド・ゴール率いるレジスタンスに参加し後に駐米大使となった。父フランソワ・コシュースコ=モリゼは、セーヴル市の市長、母は物理学教授、弟ピエール(1977年生まれ)は、フランス第3の電子商取引サイトに成長したPriceminister.comの創設者のひとりである。2003年に結婚した夫(フランス国立工芸院教授)との間に2子がある。

リセ・ルイ・ル・グランを経て、エコール・ポリテクニークを卒業する。コレージュ・デ・アンジェニウール(fr)にてMBAを取得した。その後、ジャック・シラク大統領の知遇を得、環境問題に関する専門家として政策立案に当たる。2002年から2007年までパリ南郊、エソンヌ県選出の国民議会議員。初当選時は最年少議員。国民運動連合所属。2008年3月からロンジュモー市長を務めた。

保守系の政治家ではあるが、積極的な環境保護政策を指向する「ブルー・エコロジスト」(青は保守のイメージカラー)に属する。

2013年2月、コシュースコ=モリゼは2014年に行われる予定のパリ市長選挙に立候補するため、国民運動連合内での予備選挙に出馬すると表明した[1].。彼女が同性愛者間の結婚の是非を問う投票を棄権したことを批判する、ギヨーム・ペルティエや極右週刊誌のキャンペーンの後、2013年6月3日に行われた予備選挙でジャン・フランソワ・ルガレ、ピエール・イヴ・ブルナゼル、フランク・マルガンに勝ち、投票数のうち58.35%を獲得し優勢となった。コシュースコ=モリゼは国民運動連合のパリ市長候補となり、フランス社会党アンヌ・イダルゴと争うことになるとみられている。

2014年3月30日に行われたパリ市長選挙において、アンヌ・イダルゴが当選、コシュースコ=モリゼは敗北した。

日本との関係[編集]

2011年東日本大震災では3月29日に、福島第一原子力発電所事故を受けて事故処理を支援するため、原子力専門家2名を日本に派遣した。記者団に対して「われわれはフランス原子力庁アレバから、2人の専門家を送った。ポンプや放射能を含む水の処理に関する我々の経験を伝えるためだ」と語った[2]

中国南京を訪問中であったが、訪日するニコラ・サルコジ大統領に同道する。4月2日仙台市役所を訪問し奥山恵美子市長と会談し復興支援を申し出た。コシウスコ=モリゼは奥山市長に対して「必要であれば、優れた技術者を早期に多くの地区に派遣できるようにしたい。」と話した。更に仙台市東部に津波によって海水が浸入したことに対しては「フランス南部にも塩害の問題があり、長年研究されている。早急に対応すべき問題だ。」と指摘した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Article Municipales à Paris : Nathalie Kosciusko-Morizet officiellement candidate paru le 14 février 2013 sur le site de l’hebdomadaire L’Express. Consulté le 14/02/2013.
  2. ^ (日本語) フランス、原子力専門家2人を日本に派遣=エコロジー相”. ロイター. 2011年4月3日閲覧。
  3. ^ (日本語) 仏、エコロジー相技術支援申し出 仙台市長と会談,河北新報,2011年4月3日閲覧

外部リンク[編集]