ジャン=ルイ・ボルロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=ルイ・ボルロー
Jean-Louis Borloo
Jean-Louis Borloo par Claude Truong-Ngoc avril 2013.jpg
ジャン=ルイ・ボルロー(2013年4月)
生年月日 1951年4月7日(63歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
出身校 パリ第10大学
HEC経営大学院
前職 弁護士
所属政党 国民運動連合急進党
配偶者 ベアトリス・シェーンベルク

フランスの旗 雇用・社会・住宅大臣
任期 2004年3月31日 - 2007年5月18日
首相 ドミニク・ガルゾー・ド・ビルパン

任期 2007年5月18日 - 6月19日
首相 フランソワ・フィヨン

フランスの旗 環境・持続的開発・計画大臣
任期 2007年6月19日 - 2010年11月13日
首相 フランソワ・フィヨン
テンプレートを表示

ジャン=ルイ・マリー・ボルローフランス語: Jean-Louis Marie Borloo1951年4月7日 - )は、フランス政治家国民運動連合急進党)所属。

経歴[編集]

ベルギーにルーツをもつ公務員の父、オート=コルス県出身の母との間にパリに誕生。パリ第10大学で歴史学と経済学を学ぶ。1976年、HEC経営大学院でMBAを取得。1980年代弁護士として活動。後にフランスのサッカークラブチーム、ヴァランシエンヌFCの会長となる。1989年ヴァランシエンヌ市長に当選したのがきっかけとなり、政界入りする。

2005年ドミニク・ド・ヴィルパン内閣の雇用・社会・住宅相に就任する。与党国民運動連合を構成する急進党の共同党首をアンドレ・ロシノーとともに務めている。大臣在任中にボルローは、機会均等、住宅、雇用の保障を3つの柱とする、社会統合のための五カ年計画を発表した。

2007年5月フランソワ・フィヨン内閣の経済・財政・雇用大臣として入閣。下院国民議会選挙で副首相格であったアラン・ジュペが落選したことにともない、後任の環境・持続的発展・計画大臣に横滑りした。2010年11月に退任。

公職
先代:
アラン・ジュペ
フランスの旗 フランス共和国
環境・持続的開発・計画大臣

2007 - 2010
次代:
ナタリー・コシュースコ=モリゼ
先代:
ティエリー・ブルトン
フランスの旗 フランス共和国
経済・財政・産業大臣

2007
次代:
クリスティーヌ・ラガルド
先代:
フランソワ・フィヨン
フランスの旗 フランス共和国
雇用・社会・住宅大臣

2004 - 2007
次代:
グザヴィエ・ベルトラン