トニ・ニエミネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
男子 スキージャンプ
オリンピック
1992 アルベールビル ラージヒル個人
1992 アルベールビル ラージヒル団体
1992 アルベールビル ノーマルヒル個人

トニ・ニエミエンToni Markus Nieminen1975年5月31日 - )は、フィンランドラハティ出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

1990年代初めのV字スタイル移行期に、いち早くこのフォームを身につけ16歳の若さで1991-1992年のスキージャンプ・ワールドカップに参戦、ジャンプ週間のチャンピオンになるなどいきなり4勝するとそのまま1992年アルベールビルオリンピックのノーマルヒル(K90)で銅メダル、ラージヒル(K120)で金メダル、団体戦で金メダルを獲得した。 余勢をかってノルディックスキージュニア世界選手権でも個人[1]・団体[2] の2冠を獲得した。

当時史上最年少の冬季オリンピックの金メダリストとなった彼は、マッチ・ニッカネンの再来と言われ向こう10年間は彼の時代になるだろうともいわれた。しかし、既に1992年当時、綺麗なV字フォームで飛行していた彼だが、以後は自身の体の成長に合わせたフォーム改良に対応できず、低迷することになった。

1994年3月17日にプラニツァスロベニア)で行われたスキーフライング世界選手権の公式練習で史上初めて200m以上飛んだジャンパーとなった。オーストリアアンドレアス・ゴルトベルガーが202mを飛んだが着地に失敗、これに対してニエミネンは203mを飛び着地にも成功、記録を塗り替えた。

2000/01シーズンは一桁順位に2度なるなどしてワールドカップ総合で21位となり復活の兆しを見せた。翌2001/02シーズンも2度一桁順位になり、10年振りにオリンピック代表に選ばれた。このソルトレークシティオリンピックではノーマルヒル16位となった。

2003/04シーズンを最後に現役引退。その後はフィンランド国営テレビMTV3のジャンプコメンテーターとして活躍、またフィンランドジュニアナショナルチームのコーチも務めている。

スキージャンプ・ワールドカップ通算9勝(2位1回3位2回)、このうち8勝は総合優勝した1991-1992年シーズンに挙げたものである。

出典[編集]