アンティ・ヒュベリネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
男子 スキージャンプ
オリンピック
1956 コルティナダンペッツォ 個人

アンティ・アブラム・ヒュベリネン(Antti Abram Hyvärinen、1932年6月21日[1] - 2000年1月13日)はフィンランドロバニエミ出身の元スキージャンプ選手、指導者。

プロフィール[編集]

1952年のオスロオリンピックに19歳で出場し7位となる。

4年後のコルティナダンペッツォオリンピックでは見事に金メダルを獲得、オリンピックではノルウェー勢以外で初めての金メダリストとなった。 同年のホルメンコーレンスキー大会でも優勝、フィンランドスポーツマンオブザイヤーに輝いた。

現役引退後、出身地ロバニエミのスキークラブ Ounasvaaran Hiihtoseuraのコーチに就任、1960年から1964年にはフィンランドスキー連盟のジャンプ台設計委員を務めた。

2000年1月13日、ドイツヘッセン州バド・ノイハイムで死去。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIS公式ページのプロフィールによると1932年8月21日生まれ。