スヴェン・ハンナバルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
男子 ノルディックスキー
冬季オリンピック
2002 ソルトレイクシティ ラージヒル団体
1998 長野 ラージヒル団体
2002 ソルトレイクシティ ノーマルヒル個人
ノルディックスキー世界選手権
1999 Ramsau ラージヒル団体
2001 Lahti ラージヒル団体
1999 Ramsau ラージヒル個人
2001 Lahti ノーマルヒル団体
スキーフライング世界選手権
2000 Vikersund 個人
2002 Harrachov 個人

スヴェン・ハンナバルト(Sven Hannawald、1974年11月9日 - )はドイツザクセン州ミットレラー・エールツゲビルクス郡エルラブルン出身の元スキージャンプ選手。 1990年代後半から2000年代前半にマルティン・シュミットとともにドイツを代表する選手だった。

プロフィール[編集]

ハンナバルトはエルラブルンで生まれ、オーレ山脈中の(SC ディナモ・ヨハンゲオルゲンシュタットがある)ハンゲオルゲンシュタットの近くの町で育った。12歳のとき、同じザクセン州のクリンゲンタール(SG ディナモ・クリンゲンタール)のスポーツ専門学校進むこととなった。1991年、彼の一家はハンナバルトがFurtwangen Ski Boarding Schoolに転校したのに伴いウルム近郊のJettingen-Scheppachへ移り住んだ。そこで、彼はコミュニケーションエレクトロニクスを修了した。現在はベルリンでガールフレンドのネイディーンと息子マッテオ(2006年12月2日生まれ)と一緒に暮らしている。

1997年、23歳の時までは目立った成績を上げる選手ではなかった。 1998年1月6日にワールドカップ初優勝を記録、続くオーベルストドルフでのスキーフライング世界選手権長野オリンピックのラージヒル団体でともに銀メダルを獲得した。このシーズン、ワールドカップ総合で6位に入る。

翌1998/1999シーズン、ラムサウの世界選手権で、マルティン・シュミットに次いでラージヒル個人で銀メダルを獲得、団体では金メダルを獲得した。 2000年にはヴィケルスン(ノルウェー)のスキーフライング世界選手権大会で初優勝。さらにホルメンコーレンスキー大会で優勝するなどワールドカップ4勝をあげて総合4位となった。

2000/01シーズンの世界選手権(フィンランドラハティ)ではノーマルヒル団体で銅メダル、ラージヒル団体で金メダルを獲得した。 翌2001/02シーズンはキャリアベストともいえる成績を残した。伝統のジャンプ週間で史上初の4戦全勝で総合優勝を達成した。ソルトレイクシティオリンピックでは団体戦で金メダル、ノーマルヒル個人で銀メダルを獲得した。スキーフライング世界選手権でも自身2度目の優勝。

さらにワールドカップでは6勝をあげて自己最高位となる総合2位になった。これらの実績により2002年のドイツスポーツマンオブザイヤーにノミネートされた。 2002/03シーズンもワールドカップで6勝を挙げ前年に続き総合2位となる。

しかしこの後、ハンナバルトは燃え尽き症候群に苦しみ、2004年4月29日に、精神医学的な治療を受けたことを明らかにした。治療の結果回復して再び公の場に姿を現した。 2005年8月3日に、ハンナバルトはスキージャンプ選手としての経歴を終えた。 マネージャーを通して、燃え尽き症候群から回復したあともはやプロスポーツのストレスで苦しみたくなかったと説明した。

ワールドカップ通算18勝(2位12回、3位10回)。

外部リンク[編集]