ディーター・トーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
スキージャンプ
オリンピック
1994 リレハンメル ラージヒル団体
1998 長野 ラージヒル団体
1994 リレハンメル ノーマルヒル個人
ノルディックスキー世界選手権
1999 Ramsou ラージヒル団体
1997 Trondheim ラージヒル個人
1997 Trondheim ラージヒル団体
現役引退後の2005年のトーマ

ディーター・トーマ(Dieter Thoma 1969年10月19日-)は、ドイツの元スキージャンプ選手。1990年代のドイツでイェンス・バイスフロクに次ぐ成績を残した。リレハンメルオリンピックで団体金メダル、個人ノーマルヒルで銅メダルを獲得した。

ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州南西部のヒンターツァルテン(Hinterzarten)生まれ。5人兄弟の末っ子で6歳からジャンプを始める。 父フランツは距離の五輪候補。ノルディック複合選手の伯父ゲオルク・トーマは、1960年スコーバレーオリンピック1966年ノルディックスキー世界選手権(オスロ)で金メダルを獲得している。

1998年-1999年シーズンを最後に現役引退。2000年1月1日、新年を迎えた瞬間にガルミッシュ・パルテンキルヘンで「ミレニアムジャンプ」をして引退ジャンプとした。現役引退後はRTLやRADの解説者を務めている。

主な戦績[編集]

外部リンク[編集]