トクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トクサ Equisetum hyemale
Equisetum hyemale.jpg
トクサ
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: トクサ綱 Equisetopsida
: トクサ目 Equisetales
: トクサ科 Equisetaceae
: トクサ属 Equisetum
: トクサ E. hyemale
学名
Equisetum hyemale L.[1]
シノニム

Equisetum hyemale L. var. ramosum Honda[1]

和名
トクサ、エダウチトクサ[1]
変種
  • ハマドクサ Equisetum hyemale L. var. schleicheri Milde[1]
トクサの花(胞子葉群)
仕上研磨材となるトクサの顕微鏡写真、2-1-0-1-2は1mm間隔、1/20mm目盛、無数のケイ酸の蓄積が見える(拡大して見る

トクサ(砥草、木賊、学名Equisetum hyemale)は、シダ植物門トクサ科トクサ属の植物。

本州中部から北海道にかけての山間の湿地に自生するが、観賞用などの目的で栽培されることも多い。表皮細胞の細胞壁にケイ酸が蓄積して硬化し、砥石に似て茎でものを研ぐことができることから、砥草と呼ばれる。

地下茎があって横に伸び、地上茎を直立させる。茎は直立していて同じトクサ科スギナイヌドクサミズドクサの様に枝分かれせず、中空で節がある。茎は触るとザラついた感じがし、引っ張ると節で抜ける。節の部分にはギザギザのはかま状のものがあって、それより上の節の茎がソケットのように収まっているが、このはかま状のぎざぎざが葉に当たる。茎の先端にツクシの頭部のような胞子葉群をつけ、ここに胞子ができる。

その姿のおもしろさから、庭で栽培されることもある。茎は煮て乾燥させたものを紙ヤスリのようにして研磨の用途に使う。また紙ヤスリが一般的な現代でも高級なつげぐしの歯や漆器の木地加工、木製品の作業工程などの磨き仕上げる工程に使用されていることや、音楽家の滝廉太郎は、身だしなみに気を遣ったため、常々トクサでを磨いていたことがよく知られている。クラリネットなどのリード楽器の竹製リードを磨いて調整するのにもトクサが用いられる。干した茎は木賊(もくぞく)と呼ばれる生薬で、その煎液を飲用すると目の充血や涙目に効果があるといわれている。

小話に、明治時代の郵便夫が、草鞋があまりに擦り減るのを嘆き、擦り減らなさそうな材料としてトクサを使う話がある。その結果、足先から擦り減って頭だけになった郵便夫は、頭を鞄に片づけて帰ったという落ちである。

「木賊刈る」は秋の季語

乾燥したトクサ。最も目の細かい紙やすりと同等に使われる。

脚注[編集]