デンマーク社会民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマークの旗 デンマークの政党
デンマーク社会民主党
Socialdemokraterne
党首 ヘレ・トーニング=シュミット
成立年月日 1871年
本部所在地 デンマークの旗 デンマーク デンマーク首都地域フレデリクスベア
フォルケティング議席数
44 / 179   (25%)
(2011年10月)
政治的思想・立場 中道左派
社会民主主義
民主社会主義
SAMAK
公式サイト www.socialdemokraterne.dk
シンボル
国際組織 社会主義インターナショナル
欧州社会党
欧州議会会派は社会民主進歩同盟に所属。
テンプレートを表示

デンマーク社会民主党( - しゃかいみんしゅとう、デンマーク語: Socialdemokraterne)は、デンマーク社会民主主義政党社会主義インターナショナル加盟政党。

概要[編集]

1871年の創設。1924年総選挙において、36.6パーセントの得票を得て、デンマーク最大の政党となった。この時初めて、政権を獲得し、トルヴァルト・スタウニングが首相に就任した。

これ以後、数年の期間を除いて、1982年まで国政を担いつづけ、デンマーク社会の発展に貢献してきた。最近では、1993年1月から2001年11月までポール・ラスムセン首相のもと政権の座にあった。2001年の総選挙で、議会第一党の座をアナス・フォー・ラスムセン率いるデンマーク自由党に奪われて以降、2005年、2007年の総選挙と連敗。

ヘレ・トーニング=シュミット党首の下に挑んだ2011年の総選挙では第一党こそならなかったものの、野党の中道左派連合が与党の中道右派連合の議席数を僅差で上回った。これにより10年ぶりに政権へ復帰すると共に、シュミットがデンマーク政治史上初の女性首相に就任した[1]

脚註[編集]

外部リンク[編集]