イヌイット友愛党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 グリーンランドの政党
イヌイット友愛党

Inuit Ataqatigiit
党首 クーピク・クライスト[1]
創立 1976年
本部 グリーンランドセルメルソークヌーク
政治的思想 民主社会主義[2]分離主義[3]社会主義左翼ナショナリズム、グリーンランド独立
国際連携 なし
欧州連携 なし
欧州議会会派 なし
公式カラー 赤白
公式サイト
www.ia.gl/
グリーンランドの政治
政党一覧
選挙

イヌイット友愛党(イヌイットゆうあいとう、グリーンランド語: Inuit Ataqatigiit)は、グリーンランドの左翼・分離主義政党[4][1]。急進主義的な若者が増えた1970年代に設立された。グリーンランドを独立国家とすることに努めている[5]

2005年の総選挙で、友愛党は有効投票の22.6%を得票し、定数31の議会で7議席を獲得した[2]。その4年後の2009年6月に行われた総選挙では44%と大多数を獲得し、議席数も14議席に倍増して第一党となった[4]。この選挙で連立パートナーであった進歩党は第一党から第二党に、民主党は第二党から第三党に成り下がった[5][1]デンマーク国会(フォルケティング)にもグリーンランド代表として1議席(ヨセフ・モッツフェルト)を保持している。現党首は議会議員のクーピク・クライストで、2008年にモッツフェルトの後任として就任した。直近の2011年のデンマーク議会選挙では、定数179のうちグリーンランドに割り振られている2議席のうちの1議席を死守した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Opposition win Greenland election”. BBC News (2009年6月3日). 2009年6月4日閲覧。
  2. ^ a b Greenland wakes up to first power shift in 30 years”. The Copenhagen Post (2009年6月3日). 2009年6月4日閲覧。
  3. ^ Pro-independence party wins Greenland parliament election”. Agence France-Presse. The Times of India (2009年6月3日). 2009年6月4日閲覧。
  4. ^ a b Ringstrom, Anna (2009年6月3日). “Landslide win for Greenland opposition”. Reuters. 2009年6月4日閲覧。
  5. ^ a b Olsen, Jan M. (2009年6月3日). “Left-wing party set to take power in Greenland after winning parliamentary vote”. Associated Press. Los Angeles Times. 2009年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]