デイトナ500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイトナ500(Daytona 500)はNASCARスプリントカップシリーズ開幕戦。愛称は"グレート・アメリカン・レース"もしくは"ストックカーレースのスーパーボウル"。開催は2月最終日曜日。かつてはワシントン誕生日前日に開催されていた。

概要[編集]

会場となるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイのレイアウト

1959年にスタートしたこのレースはデイトナで開催される。このコースを200周(1周:2.5mile = 4.023km)500マイル(804.672km)で争われる。2008年で50周年を迎える伝統のレースである。優勝者にはハーレー・J・アール・トロフィーが授与される。2012の大会では日曜日が大雨のため史上初めて月曜日に開催された[1]

1979年に初めてテレビ中継がCBSで放映。2001年からはFOXNBCが持ち回りで放映、2007年からはシーズン前半の放映権をもつFOXが独占放映している。2006年の視聴者数は2000万人だったという[2]

予選システム[編集]

インディカー・シリーズのインディ500同様、歴史あるレースだけに予選のシステムは独特となっている。

  1. バド・ポール。
    • 直前に行われるスプリント・アンリミテッド後に行われる予選、上位2名がグリッド確定。他にも下記のオーナーポイントでの出場ができないドライバー内のトップタイム順に40位~42位のグリッドと予選通過が確定する。
  2. オーナーポイントシステム
    • 前年の実績をポイント化したもので、あくまでも「オーナー」に権利がある。そのため移籍で新チームに移ると当然このポイントは適用されず、その空いたシートに新人が来るとオーナーポイントでの出場が可能になる。この方法で出場が確定するのは3~39位まで。
  3. バドワイザー・デュエル
    • 出場選手のオーナーポイント順位奇数組と偶数組に分かれて2回で行われる150マイル(60周)レース。バド・ポールで1位2位を獲得した選手がポールシッターを務める。ここでオーナーポイントによって決勝進出が決まっているドライバーのグリッドが確定する。2012年までは「ゲータレード・デュエル」と呼ばれていた。
  4. チャンピオンズ・プロビジョナル
    • 歴代チャンピオンの中で新しい順に行使できる出場権。使用すれば予選での順位関係無く43位のグリッドを奪取出来る。

こうして全43台のグリッドが決まり、全米人気ナンバーワンモータースポーツ内の人気ナンバーワンレースであり、全36戦という長いスプリントカップシリーズの開幕戦であるデイトナ500の決勝が開始される。

歴代優勝者[編集]

  • 1959年 リー・ペティ
  • 1960年 ロバート・"ジュニア"・ジョンソン
  • 1961年 マービン・パンチ
  • 1962年 エドワード・"ファイヤーボール"・ロバーツ
  • 1963年 ドゥエイン・"タイニー"・ルンド
  • 1964年 リチャード・ペティ
  • 1965年 フレッド・ロレンツェン
  • 1966年 リチャード・ペティ
  • 1967年 マリオ・アンドレッティ
  • 1968年 ケイル・ヤーボロー
  • 1969年 リーロイ・ヤーボロー
  • 1970年 ピート・ハミルトン
  • 1971年 リチャード・ペティ
  • 1972年 A.J.フォイト
  • 1973年 リチャード・ペティ
  • 1974年 リチャード・ペティ
  • 1975年 ベニー・パーソンズ
  • 1976年 デーヴィッド・ピアソン
  • 1977年 ケイル・ヤーボロー
  • 1978年 ボビー・アリソン
  • 1979年 リチャード・ペティ
  • 1980年 バディ・ベイカー
  • 1981年 リチャード・ペティ
  • 1982年 ボビー・アリソン
  • 1983年 ケイル・ヤーボロー
  • 1984年 ケイル・ヤーボロー
  • 1985年 ビル・エリオット
  • 1986年 ジェフ・ボダイン
  • 1987年 ビル・エリオット
  • 1988年 ボビー・アリソン
  • 1989年 ダレル・ウォルトリップ
  • 1990年 デリック・コープ
  • 1991年 アーニー・アーヴァン
  • 1992年 デイビー・アリソン
  • 1993年 デイル・ジャレット
  • 1994年 スターリング・マーリン
  • 1995年 スターリング・マーリン
  • 1996年 デイル・ジャレット
  • 1997年 ジェフ・ゴードン
  • 1998年 デイル・アーンハート
  • 1999年 ジェフ・ゴードン
  • 2000年 デイル・ジャレット
  • 2001年 マイケル・ウォルトリップ
  • 2002年 ワード・バートン
  • 2003年 マイケル・ウォルトリップ
  • 2004年 デイル・アーンハートJr.
  • 2005年 ジェフ・ゴードン
  • 2006年 ジミー・ジョンソン
  • 2007年 ケヴィン・ハーヴィック
  • 2008年 ライアン・ニューマン
  • 2009年 マット・ケンゼス
  • 2010年 ジェイミー・マクマレー
  • 2011年 トレバー・ベイン
  • 2012年 マット・ケンゼス
  • 2013年 ジミー・ジョンソン
  • 2014年 デイル・アーンハートJr.

脚注[編集]

外部リンク[編集]