ツノガエル属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツノガエル属
アマゾンツノガエル
アマゾンツノガエル Ceratophrys cornuta
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: ユビナガガエル科 Leptodactylidae
亜科 : ツノガエル亜科 Ceratophryinae
: ツノガエル属
Ceratophrys Wied-Neuwied, 1824

ツノガエル属(ツノガエルぞく、Ceratophrys)は、両生綱無尾目ユビナガガエル科に含まれる属。

分布[編集]

アルゼンチンウルグアイエクアドルガイアナコロンビアスリナムパラグアイブラジルフランス仏領ギアナ)、ベネズエラペルーボリビア[1][2]

形態[編集]

ツノは眼上部の突起に由来する[1]

分類[編集]

生態[編集]

森林草原に生息する[2]

食性は動物食で、昆虫、節足動物、両生類、爬虫類哺乳類などを食べる[2]

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。ベルツノガエルやクランウェルツノガエルの流通量が多いが、飼育下で交配された種間雑種が多い[2]。プラケースなどのケージに、半身が浸かる程度の深さで湿らせた土、ミズゴケなどを敷く[1]。餌として昆虫や魚類を与える[1]。 旺盛な食欲で獲物を丸呑みするさまと、大きな口の形態から、主にペット業界を中心に属全体に対してパックマンフロッグとの俗称がある[3]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル2 南北アメリカ大陸と周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社2006年、92-99、129-131頁。
  2. ^ a b c d 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、246-248頁。
  3. ^ アマゾンツノガエル”. ナショナルジオグラフィック. 2012年9月2日閲覧。

関連項目[編集]