ダレスト彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダレスト彗星(6P/d'Arrest)は、1851年6月18日ドイツ天文学者ハインリヒ・ダレストによりライプツィヒで発見された周期6.53年の周期彗星1991年ローマブラチスラヴァの天文学者たちにより、1678年8月にフィリップ・ド・ラ・イールによって出現が記録されていたことが判明した。

特徴として、近日点通過後に明るくなる傾向があり、そのタイプの彗星の代表とされている。次回回帰予定は2015年3月5日(近日点通過)。最大光度は10等級程度。

2002年に打ち上げられたアメリカの彗星探査機CONTOURはダレスト彗星を訪れる予定だったが、打ち上げから6週間後に探査機との通信が失われたため実行されなかった[1]

参考文献[編集]

  1. ^ CONTOUR”. NASA NSSDC Master Catalog. 2010年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の彗星:
ブローセン彗星
周期彗星
ダレスト彗星
次の彗星:
ポンス・ヴィネッケ彗星