ボレリー彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボレリー彗星
19P/Borrelly
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
ボレリー彗星の核。
探査機ディープ・スペース1号が撮影。
発見
発見者  アルフォンス・ボレリー
発見日  1904年12月28日
符号・別名  19P/1904 Y2 = 1905 II =
1904e = 19P/1911 S1 =
1911 VIII = 1911e =
1918 IV = 1918c =
1925 VIII = 1925f =
1932 IV = 1932i =
1953 IV = 1954b =
1960 V = 1960k =
1967 VIII = 1967m =
1974 VII = 1973m =
1981 IV = 1980i =
1987 XXXIII = 1987p =
1994 XXX = 1994l
軌道要素 - IAUNASA
元期 2001年9月8日
離心率 (e)  0.6238933
近日点距離 (q)  1.3581999 AU
軌道長半径 (a)  3.6112091 AU
遠日点距離 (Q)  5.8642183 AU
公転周期 (P)  6.862
軌道傾斜角 (i)  30.32468°
近日点引数 (ω)  353.37529°
昇交点黄経 (Ω)  75.42484°
前回近日点通過  2008年7月22日
次回近日点通過  2015年5月18日
ボレリー彗星の軌道(中央下寄り)。左上はハレー彗星、右下は池谷・張彗星

ボレリー彗星(ボレリーすいせい、19P/Borrelly)は、公転周期6.8年の短周期彗星である。1904年12月18日フランスマルセイユアルフォンス・ボレリーが定例の捜索で発見した。

2001年宇宙探査機ディープ・スペース1号が接近し、を撮影した。

核の性質[編集]

ボレリー彗星の核は直径 8 km × 4 kmである。アルベドは3%で、きわめて黒い。表面にが検出されなかったことからも、表面はススのような炭素で覆われているようである。大きなクレーターはないので、表面は若いと考えられる。

ディープ・スペース1号[編集]

アメリカ航空宇宙局 (NASA) が1998年に打ち上げたディープ・スペース1号 (DS1) は、当初の任務であった各種新技術の実地試験や小惑星 (9969) ブライユの観測を終了したのち、延長任務としてボレリー彗星を観測することになった。

2001年9月22日、DS1は、ボレリー彗星から 2,171 km以内の距離を速度16.5 km/sでフライバイした。彗星探査を想定した設計ではないため、ダストとの衝突などが心配されたが、無事、核の撮影などに成功した。彗星核の撮影は、ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) のジオットハレー彗星探査以来の、史上2回目である。

外部リンク[編集]


前の彗星:
パーライン・ムルコス彗星
周期彗星
ボレリー彗星
次の彗星:
ヴェストファール彗星