池谷・張彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池谷・張彗星
153P/Ikeya-Zhang
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
2002年、Philipp Salzgeberが撮影
発見
発見者  ヨハネス・ヘヴェリウス
池谷薫張大慶
発見日  1661年2月3日(ヘヴェリウス)
2002年2月1日(池谷・張)
符号・別名  153P/1661 C1 = 1661 =
C/2002 C1 = 153P/2002 C1,
C/1661 C1 (Hevelius),
ヘヴェリウス彗星(旧称)
軌道要素 - IAUNASA
元期 J2000.0,2002年10月13日UT
離心率 (e)  0.990098
近日点距離 (q)  0.507141 AU
軌道長半径 (a)  51.2136 AU
遠日点距離 (Q)  101.9200 AU
公転周期 (P)  366.5101
軌道傾斜角 (i)  28.1199°
近日点引数 (ω)  34.6732°
昇交点黄経 (Ω)  93.3703°
前回近日点通過  2002年3月18日
次回近日点通過  2368年

池谷・張彗星(いけや・チャンすいせい、153P/Ikeya-Zhang)は、2002年2月1日に発見された周期彗星である。登録番号がついた周期彗星の中では、最長の周期(366年)を有する。

概要[編集]

2002年2月1日、まず静岡県周智郡森町池谷薫が25cm反射望遠鏡で発見を報告(1967年の池谷・関彗星 (C/1967 Y1)以来35年ぶりであった)。同日、中国河南省開封市近くで張大慶も20cm反射望遠鏡で独立に発見。なお、同日にブラジルパウロ・レイモンドも独立に発見していた。この時点では、認識符号C/2002 C1が与えられた。

この彗星の軌道を調べた東亜天文学会中野主一は、1532年に中国で発見された大彗星 (C/1532 R1) の回帰である可能性を指摘したが、予想された軌道から彗星がずれたので否定された。その後、中野は、1661年2月3日ポーランドの天文学者ヨハネス・ヘヴェリウスが発見したヘヴェリウス彗星 (C/1661 C1) の回帰だと指摘した。C/1661 C1は、2月3日から3月28日まで観測され、6度角ほどの尾が観測された。この彗星の記録は、中国の文書(順治18年1月4日8日に記録あり)、そして和歌山県岐阜県にも残されていた[1]

この説はその後の観測で証明され、池谷・張彗星は周期が341年にも達する周期彗星であることがわかって、登録番号153Pが与えられた(これに伴い、ヘヴェリウス彗星の名は廃止された)。登録番号がついた周期彗星の中では、ハーシェル・リゴレー彗星(35P/Herschel-Rigollet、周期151年)を抜いて最長の周期である。また、周期200年以上で唯一、符号にP/がついている彗星である。

発見当時は9等級だった彗星は、3月18日近日点を通過し、最大3.5等級に達した。また、イオンテイルが10分単位で変化するなど、ダイナミックな活動を見せた。

なお、池谷・張彗星は太陽を周回したときに軌道が変化したため、周期は366年となり、次回の回帰は2368年ごろと見られている。

池谷・張彗星の軌道(右下)。左上はハレー彗星、中央はボレリー彗星

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


前の彗星:
ヘリン・ローレンス彗星
周期彗星
池谷・張彗星
次の彗星:
ブルーイントン彗星