ダイジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイジョ
Dioscorea alata.jpg
ダイジョの
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ユリ目 Liliales
: ヤマノイモ科 Dioscoreaceae
: ヤマノイモ属 Dioscorea
: ダイジョ D. alata
学名
Dioscorea alata L.
和名
ダイジョ、ダイショ(大薯) 他
英名
Ube, Purple Yam, Water Yam, Violet Yam, Greater Yam
ダイジョのケーキ

ダイジョ大薯ダイショ)は、ヤムイモDioscorea 属の食用種)の1芋類学名 Dioscorea alataシンショ(参薯)、デンショ(田薯)、オキナワヤマイモ(沖縄山芋)、タイワンヤマイモ(台湾山芋)、ウベ (フィリピン語:ube)、パープルヤム (purple yam)、ウォーターヤム (water yam) とも。

ときおりヤマイモの1種と誤解されるが、ヤマイモ(ヤマノイモ、D. japonica)は同属別種である。ショヨ(薯蕷)とも混同されるが、ショヨはナガイモD. opposita)のことで、これも同属別種である。

芋の中身は鮮やかな紫色をしているものが多いが、白色の品種もある。紫色のものはベニヤマイモ(紅山芋)、ベニイモ(紅芋)とも呼ぶ。紫色の色素ポリフェノールの1種アントシアニンで、ムラサキイモと同じである。ただし、ムラサキイモはサツマイモの紫色の品種で、ダイジョとは近縁ではない。なお、呼び分ける場合はダイショをベニイモ、サツマイモをムラサキイモと呼ぶが、しばしば混用される。

産地・栽培[編集]

西アフリカ原産。

アジアオセアニアなど、世界中の熱帯地域で広く栽培される。世界的にはヤム類の中でも主要な栽培種であり、ヤムイモの世界生産高の大部分はダイジョによって占められる[1]

日本では沖縄県で広く栽培されるほか、九州四国などでもわずかに栽培される。本土ではを保温施設で育てることもある。 なお、害虫の拡散を防ぐため、ダイジョを含むサツマイモ(苗を含む)を沖縄県から本土に持ち出すことは出来ない。

利用[編集]

ヤマノイモやナガイモと同様にも食すが、本種を用いた料理や食品は紫色を呈す。栽培地の土地柄、沖縄料理や沖縄菓子の食材としても知られる。

紫色で粘り気のあるフレーバーとしてアイスクリームに入れることもある。フィリピンではジャムハロハロのトッピングにもする。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p628