タルスス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルスス
Tarsus
位置
メルスィン県の位置の位置図
メルスィン県の位置
座標 : 北緯36度55分 東経34度54分 / 北緯36.917度 東経34.900度 / 36.917; 34.900
行政
トルコの旗 トルコ
 地方 地中海地方
  メルスィン県
 市 タルスス
地理
面積  
  市域 2,240km2(864,9mi2
人口
人口 (2008年現在)
  市域 227,021人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3
郵便番号
市外局番 (0090)+ 324
ナンバープレート 33
公式ウェブサイト : www.tarsus.bel.tr

タルススTarsus)はトルコ中南部メルスィン県都市アダナから西へ約40km離れた地中海沿岸に位置する。古代ローマ帝国の属州キリキア首都で、タルソスTarsos)とよばれていた。聖パウロの生誕の地である。

歴史[編集]

タルススの有史以前の発展は、新石器時代にまでさかのぼることができる。その後、銅器時代青銅器時代の居住地が続く。そして、ヒッタイトアッシリアペルシャマケドニア王国ローマ帝国アルメニア東ローマ帝国セルジューク朝キリキア・アルメニア王国オスマン帝国と何度も侵略を受け、破壊され、支配されてきた。このうち、キリキア・アルメニア王国は1198年の建国時にこの街を首都とし、1375年マムルーク朝により喪失するまで維持していた。

古代の都市名は「タルソス」で、タルク神(Tarku)に由来していると考えられている。タルソスは、いくつかの重要な通商路が交差する位置にあり、南アナトリアをシリアポントスへと連絡した。現代の都市の周りは遺跡でおおわれているが、それらは考古学的にはあまり有名ではない。

紀元前400年前期ごろから、タルソスは、ペルシアの総督の所在地だった。その後セレウコス朝シリアの一部となった。ローマの征服の後、紀元前66年にキリキア州の首都となり、全ての住民はローマの市民権を授与された。その後タルソスは、近くの都市アダナの繁栄の影にかくれるようになったが、その重要性は変わらなかった。

タルススゆかりの人物[編集]

気候[編集]

タルススは、アナトリア中部のチュクロワ平野からの陸路と地中海の海路をむすぶ交差点に位置し、典型的な地中海性気候である。

外部リンク[編集]