スピーカーズ・コーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピーカーズ・コーナーで平和を訴える人
ハイドパークのスピーカーズ・コーナー

スピーカーズ・コーナーは、さまざまな人が日々自説を論じる場所。  ロンドンハイド・パークの北東隅にあるものが有名。ここでは、演説しようとする人はイギリス王室への批判とイギリス政府の転覆についての2つを除けばいかなる話題についても、法的問題を気にすることなく語ることができる。

英国[編集]

ロンドン[編集]

ハイド・パーク[編集]

一般に、ハイド・パークとはマーブル・アーチ近くの舗装された区域だと思われているが、実際にはリフォーム・ツリー (Reform Tree) や付近の観兵式場などの広大な区域を含む。

1855年、日曜営業規制法に反対する暴動がこの公園で発生した。同法は当時唯一の労働者の休日であった日曜日の商業活動を禁止するもので、この様子はカール・マルクスがイギリスにおける革命の始まりであるとして詳細に記述している。

チャーチスト運動ではこの公園が労働者の抗議集会の会場となったが、常設の場が設けられることは無かった。改革連盟 (Reform League) は1866年から翌年にかけて、労働者の選挙権拡大を求める大規模で激しい運動を展開した。

2004年4月、日曜日のスピーカーズ・コーナー

これら民主的改革を求める暴動や運動を受け、ハイド・パークにおける「演説する権利」について考えるものも現れた。1872年の王立公園及び庭園法 (Royal Parks and Garden's Act) では、集会の許可権限を(中央政府ではなく)公園当局に委任した。人々はこれによりスピーカーズ・コーナーにおいて自由に弁論を行う権利が得られると考えたが、実際はそうではなかった。同法に対する国会での議論では、これは公園内における集会・演説を無制限に認めるものではないとされた。しかし、公園の一部はそのような目的に使用できることとなった。

それ以来、スピーカーズ・コーナーは英国における抗議や集会のための場としてのほか、演説や議論を行う公の場として機能するようになったとされている。

ただし、かつて死刑執行のための絞首台が設置されていたタイバーンにおいて、囚人が最後に末期の言葉を語ることができたという事情に発祥を求める説もある。

スピーカーズ・コーナーで活躍した演説家の大半は、その後主流となることが無かったが、中にはカール・マルクスウラジーミル・レーニンジョージ・オーウェルウィリアム・モリスといった後の有名人も含まれていた。聴衆の激しい野次にさらされることはあっても、だれもが、いかなる事前手続きも必要なく、ほぼあらゆるテーマについて語ることができるという点で、スピーカーズ・コーナーの存在は言論の自由を体現したものとして、しばしば支持される。

一方、特定の場所においてのみ演説を許可するのは、権力者がロンドンの公共の場の大半での言論の自由を制限するためで、スピーカーズ・コーナーはそのために利用されている、という批判もある。事実、王立公園内でもスピーカーズ・コーナー以外の場所での演説は成文法によって明確に禁止されている。たとえば19世紀後半には、ロンドン・カウンティ・カウンシル (London County Council) によって、社会主義者が集会や演説が行えるのはスピーカーズ・コーナーなどごく一部に限られていた。

2003年に公園当局は、2月15日からイラク侵略に関する演説を禁止しようとした。これは大規模な反対運動に遭い、撤回を余儀なくされた。運動は英国史上最大級の規模となり、100万人以上が参加した。

最寄り駅はマーブル・アーチである。

著名な弁士
以下の団体や個人は、スピーカーズ・コーナーでの演説に実績のあるものである。

その他の場所[編集]

フィンズベリー・パーククラパム・コモンケニントン・パークヴィクトリア・パークなどに同様の趣旨を持つ場が多く存在する。

ロンドン以外[編集]

オーストラリア[編集]

カナダ[編集]

ワスカナ湖北岸のスピーカーズ・コーナー

マレイシア[編集]

オランダ[編集]

シンガポール[編集]

シンガポールのスピーカーズ・コーナー

トリニダード・トバゴ[編集]

タイ[編集]

書籍・記事[編集]

  • A Summer in the Park – A Journal of Speakers' Corner (2004) by Tony Allen, foreword by Ken Campbell
  • The Speakers (1964) by Heathcote Williams. The book features William MacGuinness, Axel Ney Hoch, John Webster, Jacobus van Dyn, Norman Schlund, Alfred Reynolds and other Speakers' Corner regulars from the 1960s
  • Hyde Park Orator. Autobiographical reminiscences (1933) by Bonar Thompson. With a portrait. Foreword by Sean O’Casey
  • Speakers' Corner – an anthology (1977) Edited by Jim Huggon. With a foreword by Philip Sansom.
  • But Mr Speaker, It would create Anarchy! (ca. 1975) by Jim Huggon
  • Bonar Thompson, the Old Days of Carnearney: An Examination of the Life and Times of Bonar Thompson, the Hyde Park Orator (1991) by R.H. Foy
  • Around the Marble Arch. Wit and Humour of the Hyde Park Orators (1939) by F W Batchelor
  • The history of soapbox oratory. Part one: prominent speakers of the Sydney Domain (1994) by Stephen Maxwell
  • Speakers' Corner: The Conceptualisation and Regulation of a Public Sphere (2000) by J M Roberts. Dissertation, University of Cardiff.
  • Roberts, John Michael. 2008. 'Expressive free speech, the state and the public sphere: a Bakhtinian-Deleuzian analysis of "public address" at Hyde Park’. Social Movement Studies: Journal of Social, Cultural and Political Protest. 7:2 (September 2008), pp. 101–119.
  • From where I stand (1987) by Roy Sawh
  • A Saint in Hyde Park: Memories of Father Vincent McNabb, O. P. (1950) by Edward A Siderman
  • Wer andern eine Rede hält – Speakers Corner London (1981) by K H Wocker, photographs by J D Schmidt
  • Answering back. Donald Soper answers your questions (1953) by Donald Soper
  • The Domain Speaker. Humour, Politics, Satire, Revolution, Human Rights, Historical, Pictorial, Vicious Wit (1981) by Victor Zammit
  • Stilled Tongues: From Soapbox to Soundbite (1997) by Stephen Coleman
  • The future of ideas: the fate of the commons in a connected world (2001) by Lawrence Lessig
  • 'Only in London': Speakers' Corner, Marble Arch. Past, Present, and Future (if any). An illustrated sourcebook (2010) by Reinhard Wentz
  • Speaker's Corner Teacher Guide. KS3 History and Citizenship (2011) [Produced by The Royal Parks(Agency)] 22p.

報道[編集]

  • Bill Maher appeared at the Speaker's Corner in Hyde Park, London, impersonating a Scientologist while filming his 2008 comedy/documentary film Religulous.[3]
  • BBC 3 produced a program with Tony Allen on heckling as a lost art for the election in 2005. It was based around teaching two people how to heckle at Speakers' Corner.
  • Episode 24 of Season 6 of the comedy TV series Married... with Children had the Bundy family paying a visit to Speakers' Corner.
  • In Omen III: The Final Conflict, the adult Damien passes through Speakers' Corner, hears a priest there speaking of the Antichrist, and looks uneasy as the priest seems to recognise him.
  • Karl Pilkington interviews a man who regularly attends Speakers' Corner, claiming to have discovered "the secret to eternal youth". The interview is an extra, featured on Ricky Gervais's DVD entitled FAME.
  • Speakers' Corner appears in one of the early issues of the Grant Morrison comic book The Invisibles (later reprinted at the first Invisibles graphic novel, Say You Want A Revolution).
  • The BBC produced a program on the Park Police.
  • On 2 April 2007 Garry Cobain of The Future Sound of London posted a video onto his YouTube account of him arguing with a lady at Speakers Corner in London about God entitled "the GOD WARS – An Argument I Had At Speaker's Corner". It is edited in a humorous way by him with the intro title "COMIC BELIEF presents..."[4]
  • The lyrics of British rock group Dire Straits' song "Industrial Disease" (from the Love Over Gold album) refer to Speakers' Corner: "I go down to Speakers' Corner, I'm thunderstruck; they got free speech, tourists, police in trucks. Two men say they're Jesus; one of them must be wrong. There's a protest singer, he's singing a protest song..."
  • Episode 3 season 1 BBC The Speaker contestants have to speak at Speakers' Corner to prove their public speaking skills.
  • In Half a Life: A Novel by V. S. Naipaul, the main character, visiting London for the first time, expects to see large, radical, excited crowds at Speakers' Corner. Instead he encounters "an idle scatter of people around half a dozen talkers, with the big buses and the cars rolling indifferently by all the time" and speakers with odd, "very personal religious ideas," such that their families "might have been glad to get them out of the house in the afternoons."

参照[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分42.15秒 西経0度9分35.2秒 / 北緯51.5117083度 西経0.159778度 / 51.5117083; -0.159778