ステファン・ディアガナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ステファーヌ・ディアガナ(2005年6月撮影)
フランスの旗 フランス
男子 陸上競技
世界陸上競技選手権大会
1997 アテネ 400mハードル
2003 パリ 4×400mリレー
1999 セビリア 400mハードル
1995 イェーテボリ 400mハードル
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
2002 ミュンヘン 400mハードル
1994 ヘルシンキ 4×400mリレー
1994 ヘルシンキ 400mハードル

ステファーヌ・ディアガナStéphane Diagana1969年1月23日 - )はフランス陸上競技選手、専門は短距離走およびハードルアヴェロン県サンタフリク出身。セネガル系フランス人。身長186cm、体重80kg。

経歴[編集]

1990年8月29日、スプリトで開催されたヨーロッパ陸上競技選手権大会400mハードルにおいて48秒92の記録で5位に入った。またジャン=クロード・ナレが16年間保持していたフランス記録を0秒02更新し注目を集めた。1992年8月6日、バルセロナオリンピック400mハードルに出場し48秒16の記録で4位入賞の成績を残した。

1995年7月5日ローザンヌで開催されたアスレティッシマ400mハードルにおいて47秒37を記録し優勝。男子400mハードル1995年世界ランキング1位を獲得し、またハラルト・シュミットが保持していた同種目のヨーロッパ記録を0秒11更新した[1]。8月10日、世界陸上競技選手権イェーテボリ大会400mハードル決勝では48秒14の記録でデリック・アドキンスサミュエル・マテテに次ぐ3位に入った。

1997年8月4日世界陸上競技選手権アテネ大会400mハードル決勝では47秒70の記録でルウェリン・ハーバートブライアン・ブロンソンらを退け優勝。世界陸上競技選手権では男子フランス代表選手として初めての金メダルを獲得した。1999年8月27日の世界陸上競技選手権セビリア大会ではファブリツィオ・モリに次ぐ2位に入った。2003年母国開催となった世界陸上競技選手権パリ大会では400mハードルこそ準決勝敗退の結果に終わったが、8月31日の4×400mリレーレスリー・ジョーヌナマン・ケイタマルク・ラキーユと出場し、第3走者として優勝に貢献した[2]

その他、ヨーロッパ陸上競技選手権大会では2002年ミュンヘン大会400mハードルで優勝を飾るなど3度表彰台に立った。

人物[編集]

2008年4月パリにて聖火ランナーを務めるディアガナ

ディアガナはアンチドーピングの熱心な活動家であり、世界アンチ・ドーピング機関の委員を務めた[3]。2004年、パリ高等商科大学en)で高水準の陸上競技選手の資格を取得し修了した[4]。またフランス・テレビジョンで陸上競技の解説を担当した。2007年1月28日、フランス国内の陸上競技選手のプロ化を促進するフランス陸上競技リーグの初代会長に就任した[5]。以前は七種競技選手のオディール・ルサージュと暮らしており、彼女との間に3人の子供をもうけた[6]

2008年4月7日、ディアガナはパリ市内で最初の北京オリンピック聖火ランナーを務めた。この時パリ市議会議員のシルヴァン・ギャレルが飛び出しトーチを奪おうとしたが取り押さえられ、ディアガナは事なきを得た[7]

主な戦績[編集]

大会 開催地 種目 順位 記録
1992 オリンピック スペインの旗 バルセロナ 400mH 4位 48秒13
1992 IAAFワールドカップ キューバの旗 ハバナ 400mH 3位 49秒34
1994 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 フィンランドの旗 ヘルシンキ 400mH 3位 48秒23
4×400mR 2位 3分01秒11
IAAFグランプリファイナル フランスの旗 パリ 400mH 3位 48秒64
1995 世界陸上競技選手権大会 スウェーデンの旗 イェーテボリ 400mH 3位 48秒14
1997 世界陸上競技選手権大会 ギリシャの旗 アテネ 400mH 優勝 47秒70
IAAFグランプリファイナル 日本の旗 福岡 400mH 2位 48秒14
1998 IAAFグランプリファイナル ロシアの旗 モスクワ 400mH 優勝 48秒30
1999 世界陸上競技選手権大会 スペインの旗 セビリア 400mH 2位 48秒12
2002 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 ドイツの旗 ミュンヘン 400mH 優勝 47秒58
IAAFグランプリファイナル フランスの旗 パリ 400mH 2位 47秒82
2003 世界陸上競技選手権大会 フランスの旗 パリ 4×400mR 優勝 2分58秒96

その他、各大会において以下の成績を残した。

  • ヨーロッパカップ
    • 400mH 優勝(1993年) 2位(1997年, 2002年) 3位(1994年, 2001年)
  • フランス選手権
    • 400m 優勝(1992-1995年、1997年、2001年)
    • 400mH 1990年
    • ジュニア400m 1988年

記録[編集]

  • 400m - 45秒18(1992年)
  • 400mH - 47秒37(1995年) ヨーロッパ記録

400mハードル記録更新歴[編集]

ディアガナは男子400mハードルのフランス記録を8度更新した。

年齢 記録 開催地 年月日 備考
21 48秒92 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 スプリト 1990年8月29日 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 決勝5位
22 48秒55 スイスの旗 ローザンヌ 1992年7月8日 アスレティッシマ 6位
23 48秒41 スペインの旗 バルセロナ 1992年8月3日 バルセロナオリンピック 予選3組2着
48秒28 スペインの旗 バルセロナ 1992年8月5日 バルセロナオリンピック 準決勝2着
48秒13 スペインの旗 バルセロナ 1992年8月6日 バルセロナオリンピック 決勝4位
24 48秒08 イタリアの旗 ローマ 1993年6月6日 ヨーロッパカップ(ゴールデン・ガラ) 予選1着
47秒64 ドイツの旗 シュトゥットガルト 1993年8月19日 世界陸上競技選手権大会 決勝4位
25 47秒37 スイスの旗 ローザンヌ 1995年7月5日 アスレティッシマ 優勝

脚注[編集]

  1. ^ 400 Metres Hurdles All Time IAAF (2010-07-09). 2010年8月1日閲覧。
  2. ^ 2004年、大会に優勝していたアメリカがジェローム・ヤングのドーピング違反によりメダルを剥奪されたため、2位のフランスが繰り上がり優勝となった。
  3. ^ WADA Appoints Members to New Athlete Committee WADA (2005-03-29). 2010年8月1日閲覧。
  4. ^ Alumni of the Homepage ESCPEurope. 2010年8月1日閲覧。
  5. ^ 山本浩 (2007-08-30). 解説委員室『時論公論 「プロ化したフランス陸上界」』 NHK. 2010年8月1日閲覧。
  6. ^ 2002: Stéphane Diagana conquiert l'Europe sport.francetv.tv (2010-07-31). 2010年8月1日閲覧。
  7. ^ Chris Buckley and Thierry Leveque (2008-04-07). Protests turn Paris Olympic torch run into farce The Independent. 2010年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]