スイゼンジノリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイゼンジノリ
Suizenjinori.jpg
上江津湖(熊本市)にあるスイゼンジノリ発生地
保全状況評価
絶滅危惧IA類環境省レッドリスト
Status jenv CR.png
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: 藍色細菌門 Cyanobacteria
: 藍色細菌綱 Cyanobacteria
: クロオコッカス目 Chroococcales
: クロオコッカス科 Chroococcaceae
: スイゼンジノリ属 Aphanothece
: スイゼンジノリ A. sacrum
学名
Aphanothece sacrum
(Suringar) Okada 1953
和名
スイゼンジノリ(水前寺海苔)

スイゼンジノリ(水前寺海苔)は九州の一部だけに自生する食用の淡水産藍藻類。茶褐色で不定形。単細胞の個体が寒天質の基質の中で群体を形成する。群体は成長すると川底から離れて水中を漂う。朝倉市甘木地区の黄金川に生息する。熊本市の水前寺成趣園の池で発見され、明治5年(1872年)にオランダのスリンガー(Willem Frederik Reinier Suringar)によって世界に紹介された。「聖なる」を意味する学名の"sacrum"は彼がこの藍藻の生息環境の素晴らしさに驚嘆して命名したもの。

概要[編集]

宝暦13年(1763年遠藤幸左衛門筑前の領地の川(現朝倉市屋永)に生育している藻に気づき「川苔」と名付け、この頃から食用とされるようになった。1781年 - 1789年頃には、遠藤喜三衛門が乾燥して板状にする加工法を開発した。寛政5年(1792年)に商品化され、弾力があり珍味として喜ばれ「水前寺苔」、「寿泉苔」、「紫金苔」、「川茸」などの名前で、地方特産の珍味として将軍家への献上品とされていた。現在も比較的高級な日本料理の材料として使用される。

養殖が試みられているがその生育にはミネラルを含んだ貧栄養の綺麗な18-20度の水やゆるやかな流速等の条件が複合的に絡み、ゴミや木の葉等が混入すると売り物にならないなど、人工養殖は至難の業と言われていたが、熊本の嘉島にて長年の研究の末、丹生慶次郎が人工養殖に成功。 最近では翠色が強い水前寺のりの亜種が発生し、継体養殖の末、品種として安定させ、『翠玉』(すいぎょく)と命名し現在、熊本市内の一部料亭などで流通している。

九州東海大学教授の椛田聖孝の報告書によれば熊本市の上江津湖にある国の天然記念物「スイゼンジノリ発生地」では平成9年(1997年)以降、水質の悪化と水量の減少でスイゼンジノリはほぼ絶滅したと分析されている。復活させるには保護区内に井戸を掘り、水量を確保する必要がある。

食用[編集]

伝統的な日本料理(会席料理茶懐石精進料理等)で使用される。板状に加工したものは水に浸けて戻し、細切りにして使う。基本的に無味無臭で、彩りと歯ごたえを楽しむ。用途は、刺身のつま吸い口和え物など。また近年では加工せずに原型のままや生のものも商品化されている。

工業利用[編集]

スイゼンジノリの細胞外マトリックスに含まれる硫酸多糖サクラン(Sacran、種小名の sacrum に由来)は、重量比で約 6100 倍もの水を吸収する性質を持ち、保湿力を高めた化粧水に応用されている高分子化合物である。また、サクランが陽イオンとの結合によりゲル化する性質を利用し、これを工場排水などに投入してレアメタルを回収する研究が行われている。[1]

生息環境消滅の危機[編集]

地球上で唯一の自生地である黄金川の水源は、合流する佐田川の伏流水であることが実験で示されており、佐田川に隣接する小石原川源流のダム建設事業に、両河川を結ぶ木和田導水建設事業が付帯されているため、富栄養化したダム湖水で原水が汚染されるのではないかと危惧されている。[2] なお小石原川ダム建設は2010年2月現在、鳩山由紀夫内閣前原誠司国土交通大臣が「2009年度内に新たな段階には入らない」との方針を示した48ダム事業に含まれており、暫定的に凍結されている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]