ジーブ・ミルカ・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーブ・ミルカ・シン
Jeev Milkha Singh Golf pictogram.svg
Fontana Vienna Euro PGA 2008 (8).JPG
基本情報
生年月日 1971年12月15日(42歳)
出身地 インド・チャンディーガル
身長 180cm
体重 77kg
利き手
成績
優勝回数 20勝
賞金王 アジアンツアー・2008年
世界ランク最高位 29位
賞金ランク最高位 1位(アジア・2008年)
テンプレートを表示

ジーブ・ミルカ・シンJeev Milkha Singh, タミル語: ஜீவ் மில்க்கா சிங், 1971年12月15日 - )は、インドチャンディーガル出身の男子プロゴルファー。インドを代表するゴルファーとして、アジアンツアー・ヨーロッパツアー日本ツアーアメリカツアーなど、世界各地のツアーで活動している。これまでにアジアンツアー6勝・ヨーロッパツアー3勝・日本ツアーで4勝を挙げており、インド人選手として最初のマスターズ出場も果たしている。

11歳からゴルフを始め、1993年にプロ入り。同年にマレーシア開催のトーナメントでプロ初優勝。1995年にアジアンツアーの「フィリピン・クラシック」で優勝し、同ツアーの賞金ランキング3位に入る。同年4月の「ダンロップオープンゴルフ選手権競技」で日本ツアーにデビューする。その後アジアンツアーでは1996年の「フィリップモリス・アジアカップ」と1999年の「レクサス・インターナショナル」で優勝があり、1998年にはヨーロッパツアーにもデビューした。2001年以後、シンは日本ツアーにも年間フル参戦するようになる。

2006年に入り、ジーブ・ミルカ・シンは欧州や日本などの国際ツアーで成績を伸ばし始める。4月中旬の「ボルボ・チャイナオープン」でヨーロッパツアー初優勝を果たすと、10月の欧州ツアー年間最終戦「ボルボ・マスターズ」でも優勝し、ヨーロッパの賞金ランキング16位に食い込んだ。その勢いに乗り、日本ツアーのカシオワールドオープンゴルフ日本シリーズで2週連続優勝を達成。2007年にインド人選手として史上初のマスターズ出場者になり、37位タイに入った。

2008年1月に結婚。6月に「オーストリア銀行オープンゴルフ」で欧州ツアー3勝目を挙げる。この年はゴルフメジャー大会でも、2年連続2度目のマスターズ出場で25位になり、全米プロゴルフ選手権で9位入賞を果たす。アジアンツアーでは初の賞金王(賞金ランキング1位)になり、日本ツアーでもセガサミーカップとゴルフ日本シリーズで2勝を挙げた。ゴルフ日本シリーズの開幕直前に、夫人が最初の子供を流産したとの知らせが入る。その苦境を乗り越えて、日本ツアーの年間最終戦で2年ぶり2度目の優勝を決めた。最終ラウンドは17歳の石川遼がシンと同組になり、多数のギャラリーが観戦に集まった。

2009年3月、シンは世界ゴルフ選手権シリーズ第2戦のCA選手権で単独4位に入り、世界ランキング自己最高位を29位に上げた。

ツアー優勝歴[編集]

欧州ツアー[編集]

アジアンツアー[編集]

  • 1995年:フィリピン・クラシック、アジアマッチプレー
  • 1996年:フィリップ・モリス・アジアカップ
  • 1999年:レクサス・インターナショナル
  • 2006年:ボルボ中国オープン(欧州ツアーとの合同大会)
  • 2008年:シンガポール・オープン

日本ツアー[編集]

その他[編集]

  • 1993年:Southern Oklahoma State Open, Bukit Kaira Golf Championship (マレーシア)
  • 1994年:Shinhan Donghae Open (韓国、アジアンツアー非公認), 北インドオープン
  • 1995年:タイプロゴルフ選手権, Mahindra BPGC Open (インド), トヨタ・クラウン・オープン (タイ)

外部リンク[編集]