カシオワールドオープンゴルフトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Golf pictogram.svgカシオワールドオープンゴルフ
トーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
開催地 高知県
創設 1981年
開催コース Kochi黒潮カントリークラブ
基準打数 Par72
ヤーデージ 7300Yards(2013年)
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 2億円(2013年)
開催月 11月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -24 日本の旗 室田淳(2001年)
-24 日本の旗 今井克宗(2003年)[1]
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 松山英樹(2013年)
テンプレートを表示

カシオワールドオープンゴルフトーナメントCASIO WORLD OPEN)は、日本ゴルフトーナメントの一つである。

概要[編集]

本大会はカシオ計算機主催で毎年11月第4週に開催されている。1981年の第1回以来現在25年続く伝統ある国際的ゴルフトーナメントであり、国内はもちろん、世界のトッププレーヤーが賞金総額2億円、優勝賞金4000万円(2013年現在[2])を賭けて争う。優勝者は副賞としてアウディが贈呈される(2013年現在[3])。

日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認のトーナメントでは、年間の最終戦から2番目に位置する大会だが、最終戦の「ゴルフ日本シリーズ・JTカップ」には当年度の賞金ランキング上位及び各トーナメントの優勝者計30名しか出場できないため、ほとんどの選手たちには事実上の最終戦になる。本大会の終了後、年間賞金ランキング70位以内(但し、日本国外選手を中心に規定試合出場数に満たない選手がいるため実際には71位から72位前後)に入った者が次年度の日本ゴルフツアーでシード権を獲得する。

2004年までは鹿児島県指宿市(旧・揖宿郡開聞町)にある「いぶすきゴルフクラブ開聞コース」で開催され、カシオ計算機と共にいわさきグループ南日本放送(MBC、テレビ中継についてはTBS制作)の主催で行われてきた。2005年の第25回記念大会からは、黒潮観光開発テレビ高知(KUTV)主催(同上)で、カシオ計算機創業者でもある樫尾忠雄の出身地である高知県の「Kochi黒潮カントリークラブ」で開催されている。

日本でも人気の高いタイガー・ウッズが日本ゴルフツアーのトーナメントに初出場したのが、1998年度の本大会であることもよく知られている。また、2003年大会ではソフィー・グスタフソン英語版スウェーデン)が女性として初めて日本の男子プロゴルフトーナメントに参戦、2005年・2006年は当時女子高校生プロゴルファーだったミシェル・ウィーアメリカ)が参戦して話題を呼んだが、いずれも予選落ちになった。

2008年の大会は、直前に会場であるKochi黒潮CCを運営している黒潮観光開発及びオーナー企業の旭食品を狙った手榴弾を使った企業テロが発生した[4]。このため、高知県警検問を実施し、170人体制で会場周辺において厳重警備を実施した。その結果、大会は大きな混乱もなく無事に施行された。

かつては観客輸送のため本大会名を冠した臨時普通列車が指宿枕崎線で運転されていた。Kochi黒潮カントリークラブ開催後は、土佐くろしお鉄道阿佐線(ごめん・なはり線)も、臨時ダイヤで対応している。

歴代優勝者[編集]

開催年 開催回 優勝者名 開催コース
1981年 第1回 アメリカ合衆国の旗 リー・トレビノ いぶすきゴルフクラブ開聞コース
1982年 第2回 アメリカ合衆国の旗 スコット・ホーク
1983年 第3回 ドイツの旗 ベルンハルト・ランガー
1984年 第4回 スコットランドの旗 サンディ・ライル
1985年 第5回 アメリカ合衆国の旗 ヒューバート・グリーン
1986年 第6回 アメリカ合衆国の旗 スコット・ホーク
1987年 第7回 アメリカ合衆国の旗 デビッド・イシイ
1988年 第8回 アメリカ合衆国の旗 ラリー・マイズ
1989年 第9回 日本の旗 青木功
1990年 第10回 アメリカ合衆国の旗 マイク・リード
1991年 第11回 日本の旗 尾崎直道
1992年 第12回 日本の旗 青木功
1993年 第13回 アメリカ合衆国の旗 トム・レーマン
1994年 第14回 アメリカ合衆国の旗 ロバート・ガメス
1995年 第15回 日本の旗 奥田靖己
1996年 第16回 アメリカ合衆国の旗 ポール・スタンコフスキー
1997年 第17回 日本の旗 日下部光隆
1998年 第18回 アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ワッツ
1999年 第19回 日本の旗 米山剛
2000年 第20回 日本の旗 鈴木亨
2001年 第21回 日本の旗 室田淳
2002年 第22回 ニュージーランドの旗 デビッド・スメイル
2003年 第23回 日本の旗 今井克宗
2004年 第24回 ニュージーランドの旗 デビッド・スメイル
2005年 第25回 日本の旗 谷口徹 Kochi黒潮カントリークラブ
2006年 第26回 インドの旗 ジーブ・ミルカ・シン
2007年 第27回 日本の旗 手嶋多一
2008年 第28回 日本の旗 小田孔明
2009年 第29回
2010年 第30回 日本の旗 松村道央
2011年 第31回 日本の旗 高山忠洋
2012年 第32回 韓国の旗 黄重坤(ハン・ジュンゴン)
2013年 第33回 日本の旗 松山英樹

テレビ中継[編集]

  • 概要の項でも記した様に、テレビ中継はTBSの製作となっており、大会2日目はテレビ高知でのローカル放送[5]、3日目・最終日はTBS系列28局ネットで放送される[6]。またBSデジタル放送BS-TBSでも、2日目から中継を行う。
  • この他に、テレビ高知では大会に先駆けて、『カシオワールドオープンへの道』と題し、大会の見所や観戦マナーを紹介するミニ番組が放送される。
  • 2009年大会の最終日の朝、中継を放送していたTBSの中継スタッフを乗せた取材カートが客数人を轢き、4人に怪我を負わせる事故を起こした。
  • かつては「中日クラウンズ」「三井住友VISA太平洋マスターズ」「ダンロップフェニックストーナメント」と同様に決勝ラウンドは2時間放送してきたが、現在は1時間半に短縮している。

ゲームソフト[編集]

  • 1985年、当大会を冠したMSX用ゲームソフト、「カシオワールドオープン」がカシオ計算機から発売されたことがあった。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 【記録・国内男子】ツアー最多アンダーパー記録(72ホール) - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年10月12日現在) ※2014年10月13日閲覧
  2. ^ 2008年までは賞金総額1億4000万円、優勝賞金2800万円で行われていた。
  3. ^ 2010年まではHONDAだった。
  4. ^ 旭食品の現役員が高知県公安委員会委員を務めている。なお2009年10月に容疑者が逮捕された(2009年11月24日付・スポーツニッポン掲載の記事より)。
  5. ^ かつてはTBSでも2日目を中継していた。
  6. ^ この内3日目は、テレビ高知のみ全国放送より先行して中継を開始する。

外部リンク[編集]