ジャターユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーヴァナにさらわれるシータを助けようとし、翼を切り落とされるジャターユ

ジャターユJatāyu, : जटायुः)あるいはジャターユスJatāyusu)は、インド叙事詩ラーマーヤナ』に登場するの王。老齢の禿鷹で、年齢は六千年を数え、ダンダカの森に棲む。『ラーマーヤナ』ではアルナとシュエーニーの子とされるが、ガルダの子とされることもある。サムパーティの弟。象の鼻に比肩する長さの硬い鉤爪を持つ。

若い頃、サムパーティとともに天に昇り、インドラ神を征服しようとしたが、太陽に近づきすぎて、その猛烈なのために力を失い、地上に落下した。この時、サムパーティがジャターユを庇い、太陽の光に焼かれて翼を失ったという言い伝えがある。その後ジャターユはダンダカの森に、サムパーティはヴィンディヤ山で暮らすようになったとされる。

後に、ダンダカの森にやってきたラーマ王子の友人となり、妃のシーターを守護することを約束した。

ラークシャサの王ラーヴァナがシーターを略奪したとき、樹上で眠っていたジャターユはシーターの叫び声で目を覚まし、ラーヴァナに襲いかかった。ラーヴァナは弓矢で応戦したが、ジャターユが老齢のためにすぐに疲れているのを見て、戦車で飛び去ろうとした。ジャターユは追いかけてその背中に傷を負わせ、また10の腕を食いちぎったが、ラーヴァナの腕はすぐに再生し、剣で翼を切り裂かれ、地に落下して瀕死となった。最後はラーマの腕の中で死に、火葬されて昇天した。

ケララ州にある巨岩がジャターユ絶息の地と言われており、同地には多くの観光客が訪れている。

参考文献[編集]