カウサリヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラタとシャトルグナはカウサリヤーを慰めに来た。

カウサリヤーKausalyā, : कौसल्या )は、インド叙事詩ラーマーヤナ』に登場する女性。ダシャラタ王の第一王妃で、英雄ラーマの母。

ダシャラタ王が王子誕生を祈願した馬祀祭でカウサリヤーはいくつかの儀式に参加し、また王の馬を屠殺するという重要な役目を担った。この祭典によって王は神々の使者から天上の甘露を授かり、カウサリヤーは甘露の半分を得て懐妊し、ラーマを生んだとされる。

後にカイケーイーの陰謀によってラーマが追放されることになったとき、カウサリヤーは王の命令に従おうとするラーマを必死に説得しようとしたがその甲斐もなく、ラーマはシーターラクシュマナを連れて王宮を後にした。