ヴィンディヤ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィンディヤ山脈
Vindhya.jpg
所在地 インド中部グジャラート州マディヤ・プラデーシュ州
テンプレートを表示

ヴィンディヤ山脈(ヴィンディヤさんみゃく:サンスクリット語 विन्‍ध्य)は、インド中部に走る山脈で、インドを大きく北インド南インドに分ける、インドの歴史・地理のうえで重要な山脈である。

概要[編集]

グジャラート州東部からマディヤ・プラデーシュ州にかけて広がっている。山脈中央部はヴィンディヤ台地と呼ばれ、マディヤ・プラデーシュ州の州都ボーパールインドールウッジャインなどの古都を抱えている。最高地点は1113mである。

山脈の北側はアラーヴァリー山脈とヴィンディヤ山脈に挟まれているため、乾燥した気候のため居住地が少ない。また、ベートワー川などガンジス川の支流が数多く発している。北東側にはガンジス川とヒンドスタン平野が広がる。東側には、ソーン川が発してガンジス川に注いでいる。南側には、西に向かってアラビア海に注ぐナルマダー川が流れていて、そのさらに南側にはサトプラ山脈を望む。