ジェラール・フィリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラール・フィリップ
Gérard Philipe
ジェラール・フィリップGérard Philipe
1954年、ワルシャワ、ポーランド国立歌劇場にて
本名 Gérard Albert Philip
生年月日 1922年12月4日
没年月日 1959年11月25日(満36歳没)
出生地 カンヌ
国籍 フランスの旗 フランス

ジェラール・フィリップ(Gérard Philipe, 1922年12月4日 - 1959年11月25日、本名はGérard Albert Philip)はフランスカンヌ出身の俳優。1940年代後半から1950年代のフランス映画界で、二枚目スターとして活躍、1950年代のフランスの美としてその人気を不動のものとした(ちなみに1940年代の美はジャン・マレーであり、1960年代の美はアラン・ドロンである。またその持ち味も、マレーが感性、ジェラールは知性、ドロンは野心の美とそれぞれ違う)。愛称はファンファン(Fanfan)。また、フランスのジェームズ・ディーンとも呼ばれている。

生涯[編集]

フランスカンヌにあるパーク・パラス・ホテルの支配人の二男として生まれる。幼い頃のあだ名はジェジェで、やんちゃで甘えん坊だったという。第二次大戦中は、法律家を目指して専門学校に通い始めていたが、ちょうどその頃、ナチスに占領されたパリからカンヌに逃れてきた、母親の知人である映画監督マルク・アレグレを初め、多くの演劇関係者たちと出会ったことから、映画や演劇の世界に魅了され、俳優の道を志すようになる。

カンヌの演劇学校を経て、クロード・ドーファンの一座に入り、1942年、ニースにあるカジノ座で初舞台を踏んだ。戦争が激化にするにつれて、ジェラールは巡業に出てフランス各地を回る。1943年には端役ながらも『夢の箱』に映画デビューした。第二次大戦後は、さらに演技を磨くために、名門フランス国立高等演劇学校に入学、勉強のかたわら映画や舞台に出演し、そして1945年、『星のない国』で初主演を果たす。映画自体の評価は低かったが、一方の舞台は、堂々と主役を演じて大好評となった。

学校の方も優秀な成績で卒業し、1946年にはドストエフスキー原作の『白痴』のムイシュキン公爵を演じた。この頃からその水際立った美男子ぶりと高い演技力から人気に火がつきはじめ、そして1947年、レイモン・ラディゲ原作、クロード・オータン=ララ監督の『肉体の悪魔』で、その人気をフランスのみならず世界的なものに決定付けた。その後も同年に『パルムの僧院』、1948年に『すべての道はローマへ』、1949年に『悪魔の美しさ』、1950年に『愛人ジュリエット』に立て続けに主演。1951年には自身の代表作の一つとなる『花咲ける騎士道』(en:Fanfan la Tulipe )でファンファン・ラ・チューリップを演じ、日本でも人気に火がつき、以降ジェラールにファンファンの愛称がついた。また映画出演のかたわら、舞台にも欠かさず出演していた。1952年に5歳年上の元ジャーナリストのアンヌ=マリー=ニコール・フールカードと結婚、その後2人の子を儲ける。

1953年(昭和28年)10月16日、日本で開催された「フランス映画祭」のため来日。当時は今と異なり、来日する欧米スターが少なかったことから、そのフィーバーぶりは並大抵のものではなかったという。京マチ子田中絹代三益愛子山田五十鈴池部良木下惠介監督、早川雪洲ら日本映画界のスターたちも歓迎会に出席し、そのときのジェラールの印象について、高峰秀子は雑誌『映画の友』1954年1月号の記事に『逢へば逢ふ程、自然だし、見れば見る程、優雅だし、話せば話す程、そのデリカシイにはただただ感心するばかり、(中略)言ふなれば、「気に入っちゃった」である。(抜粋)』と残している。

その後もルネ・クレマン監督の『しのび逢い』に出演したのち、1954年にはスタンダール原作の文芸大作『赤と黒』にダニエル・ダリューを相手役に主演し、絶賛を浴びた。ブリジット・バルドーは新人時代に映画『夜の騎士道』で彼と共演した時のことを、近年発売された自伝の中で『彼は生きながらにして、すでに伝説の人だった。』と述べている。1956年には念願だった映画監督に挑戦し、『ティル・オイレンシュピーゲルの冒険』を撮るも、映画は不評で、結局彼の監督作は1本だけとなってしまった。1957年からは一俳優からやり直し、『モンパルナスの灯』で36歳で世を去った天才画家モディリアーニを演じきり、再びその人気を取り戻した。1959年には新進気鋭のロジェ・ヴァディム監督によるラクロ原作の『危険な関係』に出演するも、『熱狂はエル・パオに達す』のロケ中に体調を崩し、ヌーヴェルヴァーグ時代に突入したフランス映画界を見ることもなく、11月25日に肝臓ガンにて帰らぬ人となった。奇しくもモディリアーニと同じく36年の短すぎる人生だった。そして現在はその後1990年に73歳で亡くなった愛妻アンヌと共に南フランスのラマチュエルの墓地に眠る。また彼の故郷だったカンヌの駅前には「ジェラール・フィリップの広場」と書かれた青いプレートが飾られている。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1946 星のない国
Le pays sans étoiles
シモン/フレデリック
白痴
L'idiot
1947 肉体の悪魔
Le diable au corps
フランソワ
1948 パルムの僧院
La Chartreuse de Parme
ファブリス・デル・ドンゴ
1949 美しき小さな浜辺
Une si jolie petite plage
ピエール
すべての道はローマへ
Tous les chemins mènent à Rome
ガブリエル
1950 悪魔の美しさ
La beauté du diable
輪舞
La ronde
Le comte
失われた想い出
Souvenirs perdus
ジェラール
1951 愛人ジュリエット
Juliette ou La clef des songes
ミシェル
1952 花咲ける騎士道
Fanfan la Tulipe
ファンファン
七つの大罪
Les sept péchés capitaux
Le meneur de jeu/Le peintre
夜ごとの美女
Les belles de nuit
クロード
1953 狂熱の孤独
Les orgueilleux
ジョルジュ
1954 しのび逢い
Monsieur Ripois
アンドレ
赤と黒
Le rouge et le noir
ジュリアン・ソレル
1955 夜の騎士道
Les grandes manoeuvres
Armand de la Verne
1956 戦いの鐘は高らかに
Les aventures de Till L'Espiègle
ティル 監督/脚本/出演
1957 奥様ご用心
Pot-Bouille
Octave Mouret
1958 モンパルナスの灯
Les amants de Montparnasse (Montparnasse 19)
アメデオ・モディリアーニ
勝負師
Le joueur
アレクセイ・イワノヴィチ
1959 危険な関係
Les liaisons dangereuses
ヴァルモン
熱狂はエル・パオに達す
La fièvre monte à El Pao
ラモン

参照[編集]

外部リンク[編集]