赤と黒 (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤と黒
Le Rouge et le Noir
監督 クロード・オータン=ララ
脚本 ジャン・オーランシュ
ピエール・ボスト
原作 スタンダール
製作 アンリ・デューチュメイステル
ジャンニ・ヘクト・ルカーリ
出演者 ジェラール・フィリップ
ダニエル・ダリュー
音楽 ルネ・クロエレック
撮影 ミシェル・ケルベ
編集 マドレーヌ・ギュ
製作会社 Documento Film
Franco London Films
配給 日本の旗 東和[1]
日本の旗 セテラ・インターナショナル(完全版)[2]
公開 フランスの旗 1954年10月29日
日本の旗 1954年12月25日[1]
日本の旗 2009年11月28日(完全版)[2]
上映時間 113分
フランスの旗 185分
カナダの旗 171分
日本の旗 144分[1]
アメリカ合衆国の旗 137分
日本の旗 192分(完全版)[2]
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

赤と黒』(あかとくろ、Le Rouge et le Noir)は、スタンダールの長編小説『赤と黒』を原作とした1954年フランスイタリア合作映画。

尺の異なる複数の版が存在する。1954年に日本で初めて公開されたのは144分の短縮版[1]だったが、2009年に主演のジェラール・フィリップの没後50周年を記念して、オリジナル(185分)に未公開シーン7分を加えた完全版(192分)が制作され、デジタルリマスターされたものが公開された[2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 赤と黒(1954)”. KINENOTE. 2013年6月4日閲覧。
  2. ^ a b c d 赤と黒 デジタルリマスター版”. KINENOTE. 2013年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]