危険な関係 (1959年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
危険な関係
Les Liaisons Dangereuses
監督 ロジェ・ヴァディム
脚本 ロジェ・ヴァディム
出演者 ジャンヌ・モロー
ジェラール・フィリップ
ジャン=ルイ・トランティニャン
音楽 セロニアス・モンク
デューク・ジョーダン
ジェームズ・キャンベル
撮影 マルセル・グリニョン
配給 日本の旗 新外映配給
公開 フランスの旗 1959年9月9日
日本の旗 1961年5月1日
日本の旗 1995年12月(リバイバル)
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

危険な関係』(きけんなかんけい、Les Liaisons Dangereuses)は、1959年製作のフランス映画ラクロの『危険な関係』の映画化作品。舞台は原作の18世紀フランスの貴族社会から、現代の上流社会となっている。

1995年のリバイバル公開では『危険な関係1960』となっている。

あらすじ[編集]

パリの上流社会でもっとも洗練された2人ともてはやされる外交官のヴァルモン夫妻。2人は互いのことをだれよりも愛していたが、妻のジュリエットは複数の男と関係を持ち、夫ヴァルモンもまた多くの女性と付き合いながら、それぞれ互いの情事について報告しあっていた。ジュリエットは恋人のひとりであるジェリーが若い娘セシルと婚約したことを知り、その復讐にと、ヴァルモンにセシルの純潔を奪わせた後、ジェリーのものにさせることを企む。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

文献[編集]

  • ロジェ・ヴァティム脚色 『危険な関係 現代版』品田一良訳、新潮社 1961年

関連作品[編集]

外部リンク[編集]