バルネ・ウィラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルネ・ウィラン
基本情報
出生 1937年3月4日
出身地 フランスの旗 フランス ニース
死没 1996年5月25日(満59歳没)
担当楽器 テナー・サックス、ソプラノ・サックス

バルネ・ウィラン (Barney Wilen, 1937年3月4日1996年5月25日)は、フランスジャズテナーサックスソプラノ・サックス奏者、作曲家

略歴[編集]

フランス・ニース生れ。1957年、サウンドトラックであるマイルス・デイヴィス『Ascenseur pour l'Échafaud (死刑台のエレベーター)』で共演し知られるようになった。1959年、ケニー・クラークと共にサウンドトラックである『Un Témoin Dans la Ville』、『Jazz sur scène』を作曲した。2年後、映画『Les Liaisons Dangeureuse (危険な関係)』(ロジャー・ヴァディム)のサウンドトラックの作曲をセロニアス・モンクと共にした。1980年代、1990年代、フランス映画の作曲に励む。1960年代半ばから後半にロックに興味を持ち、ロックのアルバムを録音した。1990年代にジャズに回帰する以前にパンク・ロックのミュージシャンと共に仕事をした。1996年に死去するまでモダン・ジャズのミュージシャンと共演した。59歳、フランス・パリで死去。

ディスコグラフィー[編集]

リーダー作アルバム[編集]

  • Barney Wilen quintet (Guilde du jazz, 1957)
  • Tilt (Vogue / Swing, 1957)
  • Jazz sur Seine (Philips, 1958)
  • Barney (RCA, 1959)
  • Newport ’59 (Fresh Sound, 1959, 1950)
  • Un témoin dans la ville (Fontana, 1959)
  • Jazz Soundtrack From Mental Cruelty (Decca, 1962)-Kenny Clarkとの共同リーダー作
  • Zodiac Suite (Vogue, 1966)
  • Jazz meets India (Saba / MPS, 1967)
  • Auto Jazz: Tragic Destiny of Lorenzo Bandini (MPS, 1968)
  • Soul house (MPS, 1968)
  • Dear Prof. Leary (MPS, 1968)
  • Moshi (Saravah, 1971)
  • Free Jazz (Mouloudji, 1975)
  • Le jazz a Joe / Estrella (AAAA company, 1982)
  • Flashback (Paris Jazz Corner, 1986)
  • La note bleue (IDA, 1986)
  • French Ballads (IDA, 1987)
  • Wild dogs of the Ruwenzori (IDA, 1988)
  • French story (Alfa Jazz, 1989)
  • Paris Moods (Alfa Jazz, 1990)
  • Sanctuary ( IDA, 1991)
  • Dream time (Deux, 1991)
  • Modern nostalgie (Starbust Forever) (Alfa Jazz, 1991)
  • Essential ballads (Alfa Jazz, 1992)
  • Le grand cirque (Nato, 1992)
  • Talisman (IDA, 1993)
  • Inside nitty = Gritty (Venus, 1993)
  • Le ca: New York Romance (Venus, 1994)
  • The Osaka concert (Trema, 1994)
  • Passione (Venus, 1995)

参加アルバム[編集]

Andy Bey

  • Andy and the Bey sisters (Fontana, 1959)

アート・ブレイキー & ジャズ・メッセンジャーズ

  • Les liaisons dangereuses (Fontana, 1959)
  • Paris Jam Session (Fontana, 1959)

バド・パウエル

  • Groovin’ at the blue note (Mythic Sound, 1957)
  • Cookin' at Saint-Germain 57-59 (Mythic Sound, 1959)
  • Bud in Paris (Xanadu, 1960)
  • Pianology (Moon, 1961)

チェット・ベイカージェリー・マリガン、バド・パウエル、クラーク・テリー

  • Europa jazz (Europa jazz, 1957)

Flavio Ambrosetti

  • Anniversary (Enja, 1959)
  • Flavio Ambrosetti (Columbia Italy,1961)

フランソワ・テュスク

  • Le nouveau jazz (Mouloudji, 1967)

Gil Cuppini

  • What’s new? (Meazzi, 1961)

Henri Renaud

  • Henri Renaud quintet (Private Acetate disc, 1954)

Jacques Pelzer

  • Never let me go (Igloo, 1990)

ジョン・ルイス

  • Afternoon in Paris (Atlantic, 1956)

ジョン・ルイス & Sacha Distel

  • John Lewis & Sacha Distel (Versailles, 1956)

Marie Moore

  • Aigre-douce (Alfa global, 1992)

マーシャル・ソラル

  • Martial Solal et son Grand Orchestre (Swing, 1958)

マイルス・デイヴィス

  • Miles Davis And Barney Wilen Quartet (Carlyne, 1957)
  • Ascenseur pour l'échafaud (Polygram/Fontana, 1957)
  • Miles in Amsterdam (Jazz O.P., 1957)

ルネ・ユルトルジェ

  • Esctraits de concerts inedits (Carlyne music, 1957)

Roy Haynes

  • Roy Haynes (Swing, 1954)

その他

  • International onal sax band (Swing, 1954)

外部リンク (参考)[編集]

参考文献[編集]

  • 『永久保存版ジャズ・ジャイアンツ大事典 Swing Journal 1997年6月臨時増刊』スイングジャーナル社、1997年。
  • 『Swing Journal, 8, 1996』スイングジャーナル社、1996年。


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます