シリヤライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2004年ヘルシンキのオリンピア埠頭にて。写真奥からシリヤ オペラ、 シリヤ シンフォニー、そして高速船のスーパーシーキャット フォー。2007年現在、この中でシリヤラインのブランドはシンフォニーのみである.

シリヤラインTallink Silja Oy)はかつてはフィンランドに本拠を置く船会社であったが、2006年エストニアフェリー会社タリンク(AS Tallink Grupp)に買収された。

買収[編集]

シリヤラインは、同じフィンランドのヴァイキングライン(Viking Line)とともにバルト海の2大フェリー運航会社で、バルト海航路の長年のライバル同士だった。しかし、1990年代にエストニアの船会社タリンクが台頭してくると、2006年にタリンクはシリヤラインを買収した。

現在は、シリヤラインはタリンクの傘下でTallink Silja Oyというフィンランド国内での販売業務だけを行う子会社になった。 スウェーデン国内ではシリヤラインは、タリンクの傘下でTallink Silja ABという会社名になり、スウェーデン国内での販売業務をしている。従って、シリヤラインが保有していた船の多くは、タリンクの所有に移された。

タリンクはシリヤラインの買収後、かつてのシリヤラインの運航路線の見直しを進めている。多くは「タリンクシリヤ」のブランド名での運航となったが、マーケティング戦略から、タリンクは2つの運航区間(船舶数4)だけシリヤラインのブランド名を残して運航している。 2つの航路で年間で300万人と車両20万台を運んでいる。

運航区間[編集]

現在の運航区間[編集]

ヘルシンキ - ストックホルム線[編集]

ヘルシンキマリエハムン - ストックホルム

トゥルク - ストックホルム線[編集]

トゥルクマリエハムン - ストックホルム

船舶[編集]

現在就航中の船舶[編集]

船名 建造年 就役年 運航区間 トン数 船籍 注釈
シリヤ・セレナーデ 1990 1990 ヘルシンキ - マリエハムン - ストックホルム 58,376 グロストン フィンランドの旗 フィンランド
シリヤ・シンフォニー 1991 1991 ヘルシンキ - マリエハムン - ストックホルム 58,377 グロストン スウェーデンの旗 スウェーデン
バルティック・プリンセス 2008 2008 トゥルク - ロングネス - ストックホルム
ストックホルム - マリエハムン - トゥルク
48,915t エストニアの旗 エストニア タリンクからの転籍でシリヤ・ヨーロッパと交代
ギャラクシー 2006 2008 トゥルク - マリエハムン - ストックホルム
ストックホルム - ロングネス - トゥルク 
48,915 グロストン スウェーデンの旗 スウェーデン タリンクからの転籍でシリヤ・フェスティバルと交代

関連項目[編集]

外部リンク[編集]