ザクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクソン
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
SG-1000[SG]
MSX[MSX]
FL[FL]
開発元 [AC]:セガ池上通信機
[SG]:セガ
[FL]:バンダイ
発売元 [AC][SG]セガ
[MSX]:ポニーキャニオン
[FL]:バンダイ
人数 1-2人(交互)
[FL]:1人
メディア [SG][MSX]:ロムカセット
発売日 [AC]:1982年1月
[SG]:1985年
[MSX]:1985年
[FL]:1983年
テンプレートを表示

ザクソン』 (ZAXXON) は、1982年セガからリリースされたアーケードゲーム

概要[編集]

クォータービューのシューティングゲームでX軸・Y軸の4方向に操作し、Z軸(画面手前と奥)は強制スクロール、Y軸移動はレバー上で下降、レバー下で上昇する。アーケード版、SG-1000版は画面左側にあるY軸のガイドで自機の縦位置を把握できる。

コナミの『スクランブル』同様、自機に燃料の概念があり[1]、燃料ゲージ(最大16個)の印が残3つ以下になると警告音が発せられ、燃料タンクを攻撃することで燃料ゲージが回復する。また、警告時に燃料タンクをその時点で1つだけ破壊しても回復と警告音が追いつかない場合がある。これはステージ毎に燃費が異なる[2]ため、唯一の前半補給ポイントである前線基地で常に燃料を満たしておくことが基地到達へのカギとなる。

アーケード版は前線基地、宇宙空間、基地の順にステージを攻略し、基地面ボスのロボットを倒して1周クリアとなる。宇宙空間に入り、対空物に同軸同ラインに重なっていると接近警告音として自機の前方に照準とブザー音が発生するが、大抵はレバー入力での移動で滞留しなければやり過ごすこともできる。対空物撃墜数に連動する「ENEMY PLANE」のノルマがあるが、ノルマクリアで1000点のボーナスが入る。もちろんボス戦までにクリアしていなくても面クリアできるため、面クリアに直接的には絡まない。ボスであるロボットは出現し、前進すると2つのミサイル発射後に後退して画面外に逃げてしまう。撃退で200点、ミサイルを打ち切る前に撃墜で1000点のボーナスが入る。

BGMはなく、高さによる自機の滑空音の違い等で表現されている。

移植[編集]

FLザクソン
1983年にバンダイより発売された電子ゲーム。縦スクロールとなっているが、ハーフミラーにより上下2段の縦移動を表現している。宇宙空間、基地内、ボス戦の3面構成。
ザクソン(LCD版)
1983年にバンダイより発売された電子ゲーム。クォータービューで、液晶を2枚重ねることで上下2段の縦移動を表現している。宇宙空間、基地内の2面構成。
SG-1000版、MSX
1985年発売。同時期にポニーキャニオンからMSX版も同内容でリリースされた。クォータービュースクロールだが、フィールやフューチャーを押さえたできとなっており、アーケードの面パターンとは別物と言って良い。このため、1ステージ所要時間が長期化している。以下がアーケード版と異なる。
  • 縦移動の7段化。
  • 地表ステージ毎の自機動力効果音の代わりにループBGMがつく。
  • 燃料ゲージのグラフ化、宇宙空間と基地内トンネルでのライン照準の配置。スコア表記の横にグリッドが表れる、ステージ表記が数値化され、周毎のカウントとなる。
  • ステージ構成(基地面での構成[3])。
  • ボスキャラが浮遊要塞となっているが、誘導ミサイルを持っているところは同じ。
  • 敵側誘導ミサイルのゲームバランス(ビームの連射性能的に撃墜に必要な距離的猶予がシビア)。
Wii
バーチャルコンソールアーケード。2009年12月15日配信開始(要500Wiiポイント)。
自機の上下移動の操作を反転させる設定や、画面を左右に90°回転(縦置き可能モニター必須)させるモード[4]など複数の表示設定が用意されている。

日本国外では人気があり、当時のさまざまなコンシューマゲーム機、ホビーPCに移植されたほか、近年もセガジェネシスコレクションなどのオムニバスソフト(日本未発売)に隠しタイトルとして収録されている。

続編・関連作品・類似作品[編集]

スーパーザクソン(1982年、アーケード)
全体的にスクロール高速化、機雷を落とす敵機などが出現するため、難易度は上がっている。「ENEMY PLANE」ボーナスは2000点。面パターンは前線基地→トンネル→基地→ボス戦。
ボスは怪獣型。炎を吐いてくるが、出現撃退パターンは前作と同じ。青→緑→赤のボスと3連戦する。撃退で500点。撃墜で2000点。
フューチャースパイ(1984年、アーケード)
ザクソン3D(1987年、セガ・マークIII
パラスコード(Zaxxon's Motherbase 2000)(1995年、スーパー32X
ビューポイント(1992年 サミー工業、NEOGEOFM TOWNSX68000

脚注[編集]

  1. ^ FL版、LCD版には無い。
  2. ^ 高/低に分けるならば以下の通り。 前線基地→高 宇宙空間→低 基地→高
  3. ^ 基地→トンネル→基地内→ボス戦。
  4. ^ アーケード版が縦画面仕様のため。

外部リンク[編集]