ケイレブ・ヘイニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイレブ・ヘイニー

Caleb Hanie

Caleb Hanie Broncos 2012.jpg
クォーターバック
生年月日:1985年9月11日(29歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
身長:6' 2" =約188cm 体重:225 lb =約102.1kg
NFLデビュー
2008年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学コロラド州立大学
ドラフト外(2008年
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
TD/INT     3/10
パス獲得ヤード     679
QBレイティング     41.6
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ケイレブ・ヘイニー(Caleb Hanie 1985年9月11日- )テキサス州ダラス出身のアメリカンフットボール選手。現在フリーエージェント。ポジションはクォーターバック

経歴[編集]

シカゴ・ベアーズ[編集]

コロラド州立大学から2008年4月28日、ドラフト外フリーエージェントでシカゴ・ベアーズと契約、この年の53人の最終ロースターにも残った。

2009年10月25日のシンシナティ・ベンガルズ戦において、大量リードされた終盤初出場し、パス2本中1本成功、2ヤードを獲得した。12月20日のボルチモア・レイブンズ戦でも途中出場し、パス5本中2本成功、8ヤードを獲得したがドミニク・フォックスワースにインターセプトされた。

2010年10月3日のニューヨーク・ジャイアンツ戦で先発のジェイ・カトラーが脳震盪を起こし、2番手QBのトッド・コリンズが肩を負傷してともに退場したため、出番を得た[1]。この試合で彼は4本のパス中3本を成功、36ヤードを獲得した[2]がチームはシーズン初の黒星を喫した。翌週10月10日のカロライナ・パンサーズ戦ではカトラーは前の試合で起こした脳震盪のため欠場し[3]、コリンズが先発したが4インターセプトを喫し、ヘイニーは第3Qから途中出場し3本中2本のパスを成功、19ヤードを獲得、この試合はマット・フォルテのがんばりにより、23-6で勝利した[4]。この年、チームは地区優勝を果たした。グリーンベイ・パッカーズとのNFCチャンピオンシップゲームでカトラー[5]、コリンズが怪我で退場し、第3Q残り57秒から出場し、最初の攻撃シリーズをチェスター・テイラーの1ヤードのTDランに結びつけたが、その後、相手ノーズタックルのB・J・ラジにインターセプトされ18ヤードのリターンタッチダウンを許し7-21とリードされた[6]。その後、残り1分21秒でアール・ベネットへの35ヤードのタッチダウンパスを決めたが、残り47秒でサム・シールズにインターセプトされ14-21で試合に敗れた[6][7]。この試合で彼はパス20本中13本成功、153ヤード、1タッチダウン、2インターセプトの成績だった[6][8]

2011年7月、彼はチームと1年120万ドルで契約を結んだ[9]。第11週にエースQBのカトラーが右手親指を骨折し長期欠場することとなったため、それまでレギュラーシーズンでは6試合で途中出場しただけの彼が[10]第12週のオークランド・レイダーズ戦で初先発しパス36回中18回成功、254ヤードを獲得、2タッチダウンをあげたが3インターセプトを喫し敗れた[11]。第15週のシアトル・シーホークス戦では途中交代を命じられた。カトラーが欠場するまで7勝3敗とプレーオフ争いをしていたチームは彼が先発となってから4連敗[12]、最後の2試合はジョシュ・マカウンにポジションを奪われた[13]。この年彼は4試合の先発出場を含む6試合で613ヤード、3TD、9INTに終わった[14]。シーズン終了とともにベアーズとの契約が切れたが、ベアーズは契約延長をせず、フリーエージェントとなった[15]

デンバー・ブロンコス[編集]

2012年3月24日、デンバー・ブロンコスと契約を結んだ[16]。開幕直前の9月8日、ブロンコスから解雇されたが[17]、9月11日にブロンコスと再契約を結んだ[18]。第3QBの彼はレギュラーシーズンで試合出場することはなく、2013年3月、ブロンコスから解雇された[19]

2013年[編集]

2013年4月16日、ボルチモア・レイブンズと1年契約を結び、タイロッド・テイラーと共にエースQBジョー・フラッコの控えの座を争うこととなった[20]。8月30日、レイブンズから解雇された[21]。12月3日、ジェイソン・キャンベルブランドン・ウィーデンがともに脳震盪を起こし、出場が危ぶまれたクリーブランド・ブラウンズと契約したが[22]、12月10日、解雇された[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Live Analysis: Giants 17, Bears 3”. The Fifth Down (2010年10月3日). 2011年8月3日閲覧。
  2. ^ Sunday, October 3, 2010 Chcago Bears - New York Giants Box Scores, Game Results & Summary”. USAトゥデイ (2010年10月7日). 2011年8月3日閲覧。
  3. ^ QBカトラー、脳振とうでパンサーズ戦欠場へ”. NFL JAPAN (2010年10月8日). 2011年8月3日閲覧。
  4. ^ RBフォルテ快走、ベアーズを勝利に導く”. NFL JAPAN (2010年10月11日). 2011年8月3日閲覧。
  5. ^ カトラー負傷交代に批判続出、同僚アーラッカーは擁護”. NFL JAPAN (2011年1月24日). 2011年8月3日閲覧。
  6. ^ a b c Caleb Hanie shines, but with too little and too late for Bears”. USAトゥデイ (2011年1月24日). 2011年8月3日閲覧。
  7. ^ パッカーズ堅守で勝利、第6シードからスーパーボウルへ”. NFL JAPAN (2011年1月24日). 2011年8月3日閲覧。
  8. ^ 初先発のQBヘイニー、「自分らしさを出すだけ」”. NFL JAPAN (2011年11月24日). 2011年12月1日閲覧。
  9. ^ Caleb Hanie agrees to terms with Bears”. ESPN (2011年7月29日). 2011年8月3日閲覧。
  10. ^ ベアーズHC、親指骨折のQBカトラーは「今季絶望じゃない」”. NFL JAPAN (2011年11月22日). 2011年12月1日閲覧。
  11. ^ Kジャニコウスキー6FG、レイダースがベアーズ6連勝阻止”. NFL JAPAN (2011年11月28日). 2011年11月27日閲覧。
  12. ^ 4連敗で崖っぷちのベアーズ、HCは先発QB交代を示唆”. NFL JAAN (2011年12月20日). 2012年3月20日閲覧。
  13. ^ 【第17週プレビュー】ライバル対決、球団ワースト回避か勝率5割か”. NFL JAPAN (2011年12月30日). 2012年3月10日閲覧。
  14. ^ ベアーズ、控えQBヘイニーを放出へ”. NFL JAPAN (2012年3月8日). 2012年3月10日閲覧。
  15. ^ Report: Bears won't bring back backup QB Hanie”. nfl.com (2012年3月7日). 2012年5月17日閲覧。
  16. ^ Jeff Dickerson (2012年3月24日). “Caleb Hanie, Broncos agree”. ESPN. 2012年5月17日閲覧。
  17. ^ Broncos cut backup quarterback Caleb Hanie”. NBCスポーツ (2012年9月8日). 2012年9月10日閲覧。
  18. ^ Broncos: Roster shuffle brings back Caleb Hanie, adds Dan Koppen”. CBSスポーツ (2012年9月11日). 2012年12月5日閲覧。
  19. ^ Mike Klis (2013年3月11日). “D.J. Williams, Caleb Hanie cut by Denver Broncos before NFL free agency”. デンバー・ポスト. 2013年4月28日閲覧。
  20. ^ Jamison Hensley (2013年4月16日). “Ravens sign backup QB Caleb Hanie”. ESPN. 2013年4月28日閲覧。
  21. ^ Darin Gantt (2013年8月30日). “Ravens cut 11, including Caleb Hanie”. NBCスポーツ. 2013年9月28日閲覧。
  22. ^ Jeff D. Gorman (2013年12月4日). “Caleb Hanie Jumps onto Cleveland Browns’ Quarterback Carousel”. sportsmedia101.com. 2013年12月20日閲覧。
  23. ^ Browns waive QB Caleb Hanie”. ESPN (2013年12月10日). 2013年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]