ピーター・トム・ウィリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・トム・ウィリス

Peter Tom Willis  No. 2, 4, 10

クォーターバック
生年月日:1967年1月4日(47歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アラバマ州モリス
身長:6' 2" =約188cm 体重:188 lb =約85.3kg
NFLデビュー
1990年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学フロリダ州立大学
NFLドラフト1990年 / 3巡目(全体の63番目)
ドラフト外(2008年
 所属チーム:
通算成績
(1993年までの成績)
TD/INT     6/15
パス獲得ヤード     1,261
QBレイティング     54.9
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ピーター・トム・ウィリス(Peter Tom Willis 1967年1月4日- )アラバマ州モリス出身のアメリカンフットボール選手。NFLシカゴ・ベアーズでプレーした。ポジションはクォーターバック

経歴[編集]

フロリダ州立大学で、4年次の1989年のみ、先発QBを務めた。その年チームは開幕から2連敗したが、その後シラキュース大学オーバーン大学マイアミ大学フロリダ大学、10連勝し、ネブラスカ大学とのフィエスタボウルでも41-17と勝利し、チームを全米3位に導いた。彼はこの年大学のパス記録のうち、ゲイリー・ハフの記録を更新するシーズンパス獲得3,124ヤード、シーズンパス成功数211、パス300ヤード以上獲得6試合、などのシーズン記録、QBレイティング148.5などの通算記録を更新した[1]

大学卒業後は、NFLシカゴ・ベアーズ1990年から1993年まで4シーズン所属した[1]

1995年タンパベイ・バッカニアーズと契約したが、7月に解雇された[2]

1997年、アリーナフットボールリーグタンパベイ・ストームに加入、5月3日のアリゾナ・ラトラーズとのアウェイの試合でパス32回中21回成功、4TD、1INTの成績をあげ、42-30で勝利した。翌週地元でのフロリダ・ボブキャッツ戦では第4Qに2本のTDパスを通し、38-19で勝利した。続くプレデイターズ戦では第1Qに、2インターセプトリターンTDをあげられるなど、4インターセプトを喫した。ナッシュビル・カッツとの試合では4TDをあげて、チームは42-26で勝利した。ミルウォーキー・マスタングズ戦では3インターセプトを喫し、チームは42-51で敗れた。アルバニー・ファイアーバーズ戦では第1Qに負傷退場、チームは31-53で敗れて3勝3敗となった。肋骨を痛めていたものの、翌週のニュージャージー・レッドドッグズ戦に先発出場したが、後半無得点に終わり28-44で敗れた。翌週のニューヨーク・シティホークス戦で3TDパスを決めて、チームは27-9で勝利した。アナハイム・ピランハスとの試合では、4TDパスを決めて、61-38で勝利した。翌週のアイオワ・バーンストーマー戦では3TDパスを決めたが、3インターセプトを喫し、38-61で敗れチームは6勝6敗となった。この年、ウィリスは、パス413回中225回成功。2,846ヤード、41TD、19INTの成績を残し、チームは8勝6敗でシーズンを終えた[3]

1998年、フロリダ州立大学の殿堂入りを果たした。1998年から2008年まで、母校フロリダ州立大学の試合のラジオ解説者を務めた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Profile”. フロリダ州立大学セミノールズ. 2013年2月13日閲覧。
  2. ^ Tampa Bay Buccaneers”. オーランド・センティネル (1995年7月11日). 2013年11月24日閲覧。
  3. ^ 1997 Tampa Bay Storm”. 2013年2月13日閲覧。
  4. ^ John Romano (2008年4月18日). “FSU wide right on booting announcer Peter Tom Willis”. タンパベイ・タイムズ. 2013年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]