グランヴィル・ルーソン=ゴア (初代グランヴィル伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代グランヴィル伯爵
グランヴィル・ルーソン=ゴア
Granville Leveson-Gower, 1st Earl Granville
Thomas Lawrence, Portrait of Lord Granville Leveson-Gower, later 1st Earl Granville (c. 1804–1809).jpg
生年月日 1773年10月12日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国スタッフォードシャー州、トレンタム[要検証 ]
没年月日 1846年1月8日 (満72歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドンメイフェア、ブルートン・ストリート
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 ホイッグ党
称号 バス勲章一等勲爵士 (GCB)
枢密顧問官 (PC)
親族 初代ゴア伯爵 (祖父)
初代スタッフォード侯爵 (父)
初代ハーロウビー伯爵 (義兄)
第2代グランヴィル伯爵 (子)
配偶者 ハリエット・キャヴェンディッシュ
テンプレートを表示

初代グランヴィル伯爵グランヴィル・ルーソン=ゴア: Granville Leveson-Gower, 1st Earl Granville1773年10月12日 - 1846年1月8日)は、イギリスの貴族、外交官、政治家。バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、枢密顧問官(PC)。

在ロシア大使在フランス大使を務めた。1786年から1814年まではグランヴィル・ルーソン=ゴア卿(Lord Granville Leveson-Gower)の儀礼称号を称し、1814年に初代グランヴィル子爵、1833年に初代グランヴィル伯爵となった。

経歴[編集]

第2代ゴア伯爵グランヴィル・ルーソン=ゴア英語版(後の初代スタッフォード侯爵)とその三人目の妻であるスザンナの間に末子として生まれる[1]。母親のスザンナは第6代ギャロウェイ伯爵英語版アレグザンダー・ステュアート英語版の娘[2]。異父兄にゴア伯爵・スタッフォード侯爵を継承した後サザーランド公爵英語版へ叙されたジョージ英語版がいる。

オックスフォード大学クライスト・チャーチで教育を受け、1799年に民法学博士号(D.C.L.)を授与される[2][3]

1795年から1799年までスタッフォードシャーリッチフィールド選挙区選出の、1799年からグランヴィル子爵に叙される1815年までスタッフォードシャー州選挙区選出のホイッグ党所属庶民院議員[4]

1800年、首相ウィリアム・ピット(小ピット)によってジョン・トマス・タウンゼンド英語版の後任の大蔵卿委員Lord of the Treasury)へ任じられる[5]。1804年に枢密顧問官に列せられた[6]。 1804年[7]から1806年、および1807年[8]にはロシア帝国駐箚イギリス特命全権大使英語版としてサンクトペテルブルクへ赴任した。 1809年、第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク第2次内閣陸軍卿Secretary at War[訳語疑問点]として入閣[9]

首相スペンサー・パーシヴァルを1812年に暗殺したジョン・ベリンガム英語版が本来標的にしていたのはルーソン=ゴアであった[1]。ロシアとの貿易ブローカーをしていたベリンガムは、自身の事業が失敗した恨みを前ロシア大使のルーソン=ゴアに向けていたためである。

1815年、「カウンティ・オヴ・スタッフォードにおけるストーン・パークのグランヴィル子爵」(Viscount Granville, of Stone Park in the County of Stafford; 連合王国貴族)に叙された[10]。 1823年にネーデルラント連合王国駐箚イギリス特命全権大使英語版としてデン・ハーグへ赴任[11]。1824年には友人でもあった外務大臣ジョージ・カニングによってフランス王国駐箚イギリス特命全権大使に任じられ[1][12]1828年までパリに派遣される。1830年に首相となった第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイは彼を在フランス大使に再任した[1][13]。1835年に帰国するも同年に再び大使を拝命し[14]、第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムが退陣する1841年まで務めた。 この間1825年にバス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士を授けられ[15]、1833年には「カウンティ・オヴ・スタッフォードにおけるストーンルーソン男爵」(Baron Leveson, of Stone, in the County of Stafford)および「グランヴィル伯爵」(Earl Granville; ともに連合王国貴族)に叙されている[16]

1846年1月8日にロンドンメイフェアのブルートン・ストリートで死去し、スタッフォードシャーストーンに葬られた。160,000の遺産を残した[1]

家族[編集]

トマス・フィリップスが描いたグランヴィル夫妻と家族(1815年)。ただし第一子は娘なのに描かれた最年長の子供が男であるなど、性別や年齢に矛盾がある。

ルーソン=ゴアは1809年12月24日に第5代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版の娘であるレディ・ハリエット・キャヴェンディッシュとミドルセックスチジックで結婚した[2]。彼女との間に三男二女をもうけた[17][18]

また彼は初代スペンサー伯爵ジョン・スペンサーの娘で第3代ベスボロー伯爵英語版フレデリック・ポンソンビー英語版夫人のヘンリエッタ・フランセスと不倫関係にあった。彼女との間に二人の庶子が生まれている[17]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e  Hamilton, John Andrew (1893). “Leveson-Gower, Granville (1773-1846)”. In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography. 33. London: Smith, Elder & Co. pp. 149-150.. http://archive.org/stream/dictionarynatio24stepgoog#page/n158/mode/2up 2012年9月23日閲覧。 
  2. ^ a b c PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1892). “GRANVILLE AND GRANVILLE OF STONE PARK.” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 4 (1 ed.). London: George Bell & Sons. pp. 84-85. http://archive.org/stream/completepeerage02cokagoog#page/n97/mode/2up 2012年9月23日閲覧。. 
  3. ^ PD-icon.svg Doyle, James William Edmund, ed (1886). “GRANVILLE.” (英語). The Official Baronage of England: Showing the Succession, Dignities, and Offices of Every Peer from 1066 to 1885. 2. London: Longmans, Green & Co.. pp. 69-70. http://archive.org/stream/officialbaronag01doylgoog#page/n74/mode/2up 2012年9月23日閲覧。. 
  4. ^ Thorne, R. G. (1986). “LEVESON GOWER, Lord Granville (1773-1846), of Stone Park, Staffs.”. In Thorne, R. G.. The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/leveson-gower-granville-1773-1846 2012年9月23日閲覧。. 
  5. ^ London Gazette: no. 15278, p. 844, 1800年7月22日. 2012年9月23日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 15720, p. 873, 1804年7月17日. 2012年9月23日閲覧。
  7. ^ London Gazette: no. 15720, p. 877, 1804年7月17日. 2012年9月23日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 16018, p. 450, 1807年4月11日. 2012年9月23日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 16270, p. 969, 1809年6月27日. 2012年9月23日閲覧。
  10. ^ London Gazette: no. 17040, p. 1425, 1815年7月15日. 2012年9月23日閲覧。
  11. ^ London Gazette: no. 17975, p. 1911, 1823年11月15日. 2012年9月23日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 18078, p. 1843, 1824年11月9日. 2012年9月23日閲覧。
  13. ^ London Gazette: no. 18755, p. 2579, 1830年12月10日. 2012年9月23日閲覧。
  14. ^ London Gazette: no. 19267, p. 877, 1835年5月5日. 2012年9月23日閲覧。
  15. ^ London Gazette: no. 18146, p. 1043, 1825年6月14日. 2012年9月23日閲覧。
  16. ^ London Gazette: no. 19044, p. 835, 1833年5月3日. 2012年9月23日閲覧。
  17. ^ a b Lundy, Darryl. “Granville Leveson-Gower, 1st Earl Granville” (英語). thepeerage.com. 2012年9月23日閲覧。
  18. ^ PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “GRANVILLE.” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. p. 513. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/512/mode/2up 2012年9月23日閲覧。. 

外部リンク[編集]

先代:
(創設)
グランヴィル子爵
初代: 1815年 - 1846年
次代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア
先代:
(創設)
グランヴィル伯爵
初代: 1833年 - 1846年
次代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア