キャデラック・シマロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャデラック・シマロン
1982年型
1981 cimarron 1.jpg
1981 cimarron 2.jpg
1988年型
1988 Cadillac Cimarron.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア・セダン
エンジン 水冷4気筒OHV18,00/2,000cc
V型6気筒2,800cc
変速機 3速AT/4速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立・マクファーソンストラット/コイル
後:固定・トレーリングアーム/コイル
全長 4,392mm
全幅 1,694mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,570mm
車両重量 1,262kg
プラットフォーム GM・Jカー
-自動車のスペック表-

 

キャデラック・シマロンCadillac Cimarron )はアメリカの自動車メーカー・GMキャデラック部門が、同社の世界戦略車・Jカーのプラットフォームを用いて1982年モデルイヤー(1981年)から1988年モデルイヤーまで生産販売した小型乗用車である。132,499台が生産された。デビュー当初から1984年モデルイヤーまでは「シマロン・バイ・キャデラック」(Cimarron, by Cadillac )として広告宣伝が行われた。

概要[編集]

1979年の第二次石油危機や、燃費規制CAFECorporate Average Fuel Economy )による低燃費車の必要、並びに輸入小型車のBMW・3シリーズアウディ・80(米国名4000)、サーブ・900などの成功に刺激されたことにより、4気筒2リッタークラスのキャデラックが急遽開発されることになった。この結果誕生したのが、1981年にGMの世界戦略車として登場したJカーの一種たるシマロンであった。1981年5月21日に発表された。

Jカーはシボレーからキャデラックまで、いずれもホイールベース2,570mm(101.2インチ)、前輪マクファーソンストラット・後輪トーションビームのサスペンションを持ち、4ドアセダンのボディシェルもほぼ共通であった。エンジンも各ブランド共通で直列4気筒OHV1,800cc(112Cu-in)88馬力エンジンを搭載していた。4気筒エンジンのキャデラックの出現は1914年以来であった。ギアボックスには3速オートマチックの他に4速マニュアルが用意され、マニュアルシフトのキャデラックも1953年以来であった。

それでも、シマロンについてはサブフレームと車体の間に油圧ダンパーを追加して乗り心地・操縦性を改善する努力がなされたし、パワーステアリングやエアコンなど豊富な装備が標準で、内装も豪華だったが、外観上は大衆向けのシボレー・キャバリエポンティアック・J2000とほとんど区別がつかないこの車が、価格だけは12,181ドル(2007年の物価水準では約3万ドル)からと、シボレーのほぼ2倍というキャデラック的な水準であったことは、自動車評論家や伝統的なキャデラックの需要層からの不評を買った。この結果、初年度の1982年モデルイヤーの販売台数は25,968台と、目標の三分の一に留まった。欧州車のユーザー層にも、馬力不足な上にラフな直列4気筒1,800ccエンジンではアピール不足だった。

シマロンには年々改良が加えられ、翌1983年モデルの排気量は2,000cc(121Cu-in)に拡大、1986年からは2,800cc(173Cu-in)V型6気筒OHV125馬力がオプション設定され、1988年にはV6が標準エンジンとなったが、その改善は小幅過ぎるし遅過ぎた。(too little, too late.) 1988年モデルは僅か6,454台しか販売されず、シマロンはキャデラックのラインナップから消滅した。日本には正式輸入されなかった。

シマロンの失敗はバッジエンジニアリングの行き過ぎた例、1980年代のアメリカ車の競争力低下の一例としてしばしば引用されている。

小型のキャデラックを売る試みはその後も1990年代後半のカテラ(オペル・オメガベース)、BLS(サーブ・9-3ベース)と続いていたが、ヒットとは呼べなかった。 唯一、カテラの後継として販売が開始されたCTS[カテラ・ツーリング・セダン]は大ヒットとなっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

ウィキメディア・コモンズには、キャデラック・シマロンに関連するカテゴリがあります。