サーブ・900

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーブ・900スウェーデンでサーブブランドで製造販売されていた中型乗用車。

1960年代からの設計を継承しスウェーデンの航空機メーカー・サーブの自動車部門が設計製造した初代と、GM傘下に入り自動車メーカーサーブ・オートモービルとなってオペルと共通のプラットフォームを流用し設計製造した二代目があり、特に欧米ではそれぞれ「Classic 900」と「New 900」として区別される。

歴史[編集]

初代(1978年-1993年)Classic 900[編集]

サーブ・900(初代)
サーブ900i2ドアセダン 1987年以降
Saab-900-3door.jpg
販売期間 1978年 - 1993年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドア/4ドア セダン
3ドア/5ドア ハッチバック
2ドア カブリオレ
エンジン 直列4気筒ガソリン
変速機 4速MT / 5速MT / 3速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン
後:固定 5リンク
全長 4,695mm(1985年ターボ16 4ドアセダン)
全幅 1,690mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,515mm
車両重量 1,331kg
先代 サーブ・99
-自動車のスペック表-

1967年にデビュー以来同社の主力車種となっていた99の発展型として、1979年モデルイヤーに登場した。

基本的な構造は主力マーケットであるアメリカの衝突安全基準に対応するため「99」の車体前後を延長し、インテリアを新しくしたもので、ラウンドしたフロントウインドウ、低いサイドシルなど独特のボディ構造はもとより、野太い排気音など乗り味も従来の延長線上にあった。当初は3ドア・5ドアのハッチバックのみでスタート、1982年モデルから2・4ドアのノッチバック型を追加、1986年には2ドアカブリオレが追加され、翌87年にはノーズがスラント化されるフェイスリフトを受けた。

この間、エンジンにもターボチャージャーへのインタークーラー追加、DOHC16バルブ化など改良が加えられたほか、カブリオレモデルが追加され、1993年秋にオペルベースの新型にバトンタッチされ生産終了するまで、「99」以来基本的に同一の設計のまま、改良を重ねて25年以上にわたり、90万8817台(内カブリオレ4万8888台)が生産されることとなった。

日本市場には西武自動車販売によってデビュー直後から輸入、販売されたが、当初は「99」までのサーブ同様日本の路上では稀な存在であった。ちなみに日本に輸入された1号車を購入したのがテリー伊藤である[1]

しかし1980年代後半に作家五木寛之が自分の「900」を作品に取り上げ、広告のイメージキャラクターに登場したことや、そのクラシカルなスタイルに人気が高まり、バブル景気時に一時的なブームが起き、輸入台数は大きく伸びた。その後1993年に代理権がミツワ自動車の手に移った。


2代目(1992年-1997年)New 900[編集]

サーブ・900(2代目)
3ドア・タラデガ
Saab Talladega2.jpg
販売期間 1992年 - 1997年
乗車定員 5人/4人(カブリオレ)
ボディタイプ 3ドア/5ドア ハッチバック
2ドア カブリオレ
エンジン 直列4気筒またはV型6気筒ガソリン
変速機 5速MT / 4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立 ストラット
後:独立 ビームアクスル
全長 4,635mm(1993年カブリオレ2.3i)
全幅 1,710mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,390kg
後継 サーブ・9-3
-自動車のスペック表-

初代にかわって1993年モデルイヤーに登場。1990年にサーブの乗用車部門がGMグループの傘下に入ったことを受けて、「オペル・ベクトラ」と同じプラットフォームを使用した。したがって構造的には1990年代のファミリーサルーンとしてごく常識的なものとなったが、そのシートやセンターコンソールのイグニッションキーなど、サーブのデザインやスタイルの多くは引き継がれた。エンジンは従来からの4気筒2,000-2,300ccターボに加え、「オペル・オメガ」と共通のV型6気筒24バルブ2,500ccも追加され、「SE」に搭載された。

日本市場では引き続きミツワ自動車によって輸入されたが、初代の強烈な個性が薄れて現代風のデザインに改められてしまったことや、さらにミツワの販売網の薄さもあって、一時のブームは沈静化し販売は低調であった。このためミツワはサーブの取り扱いを中止し、代理権は1997年以降ヤナセの手に移ることとなった。

1998年にマイナーチェンジを受け、あわせて上級の「9-5」より導入されたサーブの新しいモデル名称に合わせ、「9-3」と改名され、「900」の名称はこの時点で消滅することとなった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「間違えっぱなしのクルマ選び」(テリー伊藤・清水草一著、樂書館、2004年)pp.249 - 251