カリフォルニア (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリフォルニア
レッド・ツェッペリン楽曲
収録アルバム レッド・ツェッペリン IV
リリース 1971年11月8日
録音 1971年
ヘッドリィ・グランジ
ジャンル ロック
時間 3分31秒
レーベル アトランティック
作曲者 ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
プロデュース ジミー・ペイジ
レッド・ツェッペリン IV 収録順
フォア・スティックス
(6)
カリフォルニア レヴィー・ブレイク
(8)

カリフォルニア」(Going to California) はイギリスロックグループ、レッド・ツェッペリンの楽曲。1971年、彼らの第4作アルバムレッド・ツェッペリン IV』のB面3曲目に収められて発表された。作詞作曲はジミー・ペイジロバート・プラントレコードでの演奏時間は約3分30秒。

概要[編集]

プラントが、ジョニ・ミッチェルへの讃歌として作った、フォークソング風の曲。アコースティック・ギターアルペジオと、ジョン・ポール・ジョーンズが奏でるマンドリンのオブリガートとが相まって、レッド・ツェッペリンのカタログ中、一際情感豊かな雰囲気を醸し出すナンバーである。

歌詞の中にカリフォルニアの地震に言及した箇所があるが、ペイジが『レッド・ツェッペリン IV』のミックスダウンのために、ピーター・グラント、アンディ・ジョーンズ(レコーディング・エンジニア)と共にロサンゼルスを訪問した際、本当に地震に見舞われたというエピソードがある。

ステージ・パフォーマンス[編集]

1971年春のイギリスツアーでお披露目され、以後、アコースティックセットが用意された公演では常に演奏された。レッド・ツェッペリン解散後、プラントのソロ・ツアーでもしばしば演奏されている。

参考文献[編集]

  • 『レッド・ツェッペリン全曲解説』デイヴ・ルイス著 福田美環子訳 シンコー・ミュージック刊