丘のむこうに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丘のむこうに
レッド・ツェッペリン楽曲
収録アルバム 聖なる館
リリース 1973年3月28日
録音 1972年
スターグローヴス
ジャンル ロック
時間 4分47秒
レーベル アトランティック
作曲者 ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
プロデュース ジミー・ペイジ
聖なる館 収録順
レイン・ソング
(2)
丘のむこうに クランジ
(4)

丘のむこうに」(おかのむこうに、Over the Hills and Far Away) はイギリスロックグループ、レッド・ツェッペリンの楽曲。1973年、彼らの第5作アルバム聖なる館』のA面3曲目に収められて発表された。作詞作曲はジミー・ペイジロバート・プラントレコードでの演奏時間は約4分50秒。

概要[編集]

多様なギターの音色を活かした、緻密なアレンジの施された曲。アコースティック・ギターの静かなリフに始まり、アコースティック12弦ギター、ソフトなヴォーカルが順次加わる。ここにエレクトリックギターエレクトリックベースドラムスが加わることで一転してハードロック風の曲調になり、プラントは高音のシャウトを聴かせる。やがてアンサンブルフェイドアウトし、クラビネットアルペジオで静かに結ばれる[1]

ペイジによれば、レコーディングに当っては、完成時のアレンジとは逆にまずエレクトリックパートを録音し、後からアコースティック・ギターがオーバーダビングされたとのことである[2]

ステージ・パフォーマンス[編集]

『聖なる館』の発売に先立って、1972年アメリカツアーで初演。これ以降1979年まで基本的に常にセットリストに含まれていた。1977年のツアーでは「死にかけて」の差替え曲として演奏されている。ライヴにおいてプラントはしばしばギターソロ直前の「a pocketful of gold」という歌詞の後に続けて「Acapulco Gold」(アカプルコ産のマリファナ)というアドリブを入れた[3]

脚注[編集]

  1. ^ ペイジ自身は、最後のアルペジオはギターのエコー・リターンであると述べている(「Guitar World」誌1991年1月号のインタビューなど)。
  2. ^ 同上。
  3. ^ 伝説のライヴ」で聴取可能。

参考文献[編集]

  • 『レッド・ツェッペリン全曲解説』デイヴ・ルイス著 福田美環子訳 シンコー・ミュージック刊