伝説のライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伝説のライヴ
レッド・ツェッペリンライブ・アルバム
リリース 2003年5月27日
録音 1972年6月25日:L.A.フォーラム
1972年6月27日:ロングビーチ・アリーナ
ジャンル ロック
時間 Disc1:5616
Disc2:5308
Disc3:4055
レーベル アトランティック
Atlantic WPCR11585
プロデュース ジミー・ペイジ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]
  • 2位(ベルギー・ワロン地域[2]
  • 3位(日本[3]
  • 5位(イギリス[4]
  • 7位(イタリア[5]
  • 9位(ベルギー・フランデレン地域[6]
  • 10位(オーストラリア[7]、ノルウェー[8]
  • 11位(フランス[9]
  • 13位(ニュージーランド[10]
  • 15位(ドイツ[11]
  • 16位(スウェーデン[12]
  • 17位(オーストリア[13]
  • 20位(スイス[14]
  • 23位(フィンランド[15]
  • 25位(デンマーク[16]
  • 47位(オランダ[17]
レッド・ツェッペリン 年表
レター・デイズ
(2000年)
伝説のライヴ
(2003年)
テンプレートを表示

伝説のライヴ(How the West Was Won)は、イギリスロックバンド、レッド・ツェッペリンのライブ・アルバム。彼らのライブ・アルバムは長い間そのリリースがされたが、解散から23年後の2003年に発表された。ビルボードのアルバム・チャート初登場1位を記録した。これまで7作のアルバムが1位を獲得しているが、初登場1位はキャリア史上初めて。

タイトルの「How the West Was Won」は「西部開拓史」の引用で、全米を制覇したツェッペリンに相応しいタイトルと言える。

ジミー・ペイジは、「バンドが最高の状態にあった時期のライヴだ」と絶賛している(「レコード・コレクターズ」2003年7月号に掲載されたインタビューにおいて発言)。また、このライヴ・アルバムは、レッド・ツェッペリン DVD制作のための作業時に見つけたマスター・テープを元に作ったという。

本作には、72年ツアー後半のLAフォーラム、及びロングビーチ・アリーナでの公演が大幅な編集の元収録されている。ディスク1の#1「LA Drone」は、ツェッペリンのライブツアーでは珍しく行われたイントロで、72年ツアーの後半にしか行われなかった。実際には1分以上流されたものの、本作では14秒程の収録となっている。また、「Whole Lotta Love Medley」では「Heartbreak Hotel」や「Slow Down」なども演奏されているが、版権の都合からかカットされている。「Stairway to Heaven」冒頭のリコーダーパートは、実際にはハモンドオルガンで演奏されていたのだが、作品化にあたってメロトロンの演奏に差し替えられている(メロトロンがステージに置かれるのは、後日の日本ツアーから。諸説あるが、メロトロン導入後のライブ音源から抜き出してミックスされたという説が有力)。

ディスク3の「The Ocean」の後、ロサンゼルスでは「Louie Louie」「Thank You」「Communication Breakdown」も演奏されたものの、収録はされなかった。

後に、5.1chサラウンド・ミックス収録の2枚組DVDオーディオ版が発売された。

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. L.A.ドローン - LA Drone 0:14
  2. 移民の歌 - Immigrant Song 3:42
  3. ハートブレイカー - Heartbreaker 7:25
  4. ブラック・ドッグ - Black Dog 5:41
  5. 丘のむこうに - Over the Hills and Far Away 5:08
  6. 貴方を愛しつづけて - Since I've Been Loving You 8:02
  7. 天国への階段 - Stairway to Heaven 9:38
  8. カリフォルニア - Going to California 5:37
  9. ザッツ・ザ・ウェイ - That's the Way 5:54
  10. スノウドニアの小屋 - Bron-Yr-Aur Stomp 4:55

Disc 2[編集]

  1. 幻惑されて - Dazed and Confused (Medley: Walter's Walk, The Crunge) 25:25
  2. 強き二人の愛 - What is and What Should Never Be 4:41
  3. ダンシング・デイズ - Dancing Days 3:42
  4. モビー・ディック - Moby Dick 19:20

Disc 3[編集]

  1. 胸いっぱいの愛を - Whole Lotta Love (Medley: Boogie Chillun, Let's Have a Party, Hello Marylou, Going Down Slow) 23:08
  2. ロックン・ロール - Rock and Roll 3:56
  3. オーシャン - The Ocean 4:21
  4. ブリング・イット・オン・ホーム - Bring It on Home (Medley: Bring It on Back) 9:30

脚注[編集]

外部リンク[編集]