オーギュスト・ベールナールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1900年頃の写真

オーギュスト・ベールナールト(Auguste Marie François Beernaert, 1829年7月26日 - 1912年10月6日)は、ベルギー政治家。1884年10月から1894年3月まで首相を務めた。

オーステンデで生まれ、1873年に下院に初当選した。後にジュール・マルー(Jules Malou)首相の下で公共事業大臣となり、鉄道、運河、道路などの整備を行った。首相の在任期間中にはハーグ陸戦条約を締結するなどの業績を残した。1909年には、常設仲裁裁判所の設立の功績により、エストゥルネル・ド・コンスタンとともにノーベル平和賞を受賞した。1912年にスイスルツェルンで死去した。

先代:
Jules Malou
ベルギーの首相
1884 - 1894
次代:
Jules de Burlet