フレデリック・バイエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレデリック・バイエル(Fredrik Bajer、1837年4月21日-1922年1月22日)はデンマーク作家教師、平和主義者、政治家で、1908年にポントゥス・アルノルドソンとともにノーベル平和賞を受賞した。

聖職者の家に生まれたバイエルはデンマーク陸軍に従軍し、1864年のプロイセンオーストリアを相手とした戦争に参加した(シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争)。中尉まで昇進して1865年に軍を離れ、コペンハーゲンに移住して教師、翻訳家、作家となった。

1872年に国会議員に当選し、23年間務めた。国会議員として、彼は国家間の紛争の解決に国際調停を積極的に用い、彼の活躍もあってデンマークは列国議会同盟の原加盟国となり、役職も得た。またデンマークやヨーロッパ内の多くの平和組織を支援し、スウェーデンノルウェーの間の紛争の解決にも尽力した。