エーリヒ・メンデルゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリヒ・メンデルゾーン

エーリヒ・メンデルゾーンErich Mendelsohn, 1887年3月21日 - 1953年9月15日)は、ドイツ出身のユダヤ系建築家

経歴[編集]

東プロイセンのアレンシュタイン(現ポーランドオルシュティン)に生まれ、1907年ミュンヘン大学経済学部に入学したが、翌年にはベルリンシャルロッテンブルク工科大学に移り建築を学び始めた。在学中にはミュンヘンの建築家テオドール・フィッシャーに師事。1912年に大学を卒業すると、建築設計事務所を開設し設計活動を始めた。1933年にドイツ国内におけるナチスの台頭が顕著になると、迫害を恐れたメンデルゾーンはイギリス・ロンドンへ移り、以降はパレスチナ、1941年にはさらにアメリカサンフランシスコへ移った。1945年サンフランシスコに事務所を開設し、以降は1953年に没するまで当地で活動した。

作品[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エーリヒ・メンデルゾーンカテゴリに関するメディアがあります。