エンゲルベルト・フンパーディンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンゲルベルト・フンパーディンク

エンゲルベルト・フンパーディンクEngelbert Humperdinck, 1854年9月1日 - 1921年9月27日)はドイツ作曲家

生涯[編集]

1854年ラインラントジークブルクに生まれる。1872年にケルン音楽院に入学してフェルディナント・ヒラーに師事。1876年に奨学金を得てミュンヘンに行き、フランツ・パウル・ラハナーと、後にヨーゼフ・ラインベルガーに師事。1879年ベルリンよりメンデルスゾーン基金を得てイタリアに行き、ナポリリヒャルト・ワーグナーの信頼を得る。ワーグナーに招かれてバイロイトに行き、1880年から1881年の間《パルジファル》の上演を輔佐する。

再び学資金を得て、イタリアからフランススペインを旅行し、2年間バルセロナリセウ高等音楽院で教鞭を執った。1887年ケルンに戻り、1890年フランクフルトホーホ音楽院の教授に就任、シュトックハウゼン声楽塾の和声法の教師も務める。この頃までに、フンパーディンクの合唱曲や管弦楽曲が流行り出す。1900年にベルリンに行き、マイスターシューレの作曲教授に任命される。

作品[編集]

今日では《ヘンゼルとグレーテルHänsel und Gretel 》のみが有名だが、この他にも《いばら姫Dornröschen 》や《王子王女Königskinder 》、《いやいやながらの結婚Die Heirat wider Willen 》などのメルヘン・オペラを作曲している。《王子王女》においてはシュプレッヒゲザングが利用され、アルノルト・シェーンベルクに先鞭をつけている。

  • オペラ
    • 「ヘンゼルとグレーテル」三幕
      1893年12月23日、リヒャルト・シュトラウス指揮によりヴァイマルで初演された。ワーグナー以降、目ぼしい作品が無く停滞していたドイツオペラ界(オペレッタも低迷期に入っていた)においてメルヘンというジャンルで成功したことは、よくよく考えれば革命的な出来事である。こんにちでも上演される、唯一のメルヘンオペラでもあり、その宗教的な内容からクリスマスの時期に上演される。
    • 「いばら姫」
    • 「いやいやながらの結婚」
    • 「王子王女」
  • 編曲・校訂作品
    • 交響曲ハ長調(ワーグナー)
    • 神々の黄昏」より「ジークフリートのラインへの旅」(ワーグナー)

外部リンク[編集]