ヨーゼフ・ラインベルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・ラインベルガー
Josef Gabriel Rheinberger
1880年代撮影}
1880年代撮影
基本情報
出生 1839年3月17日
War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦ファドゥーツ
死没 1901年11月25日(満62歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国ミュンヘン
職業 作曲家オルガン奏者、指揮者、教育者

ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガーJosef Gabriel Rheinberger1839年3月17日 - 1901年11月25日)はドイツ連邦(現リヒテンシュタイン)のファドゥーツに生まれ、ドイツ帝国ミュンヘンに没した作曲家オルガン奏者、指揮者、教育者。

5歳より音楽教育を受け、7歳でファドゥーツ・聖フローリン教会のオルガン奏者となり[1] [2] [3]、この頃最初の作曲を行った[4]1851年にミュンヘン音楽院に入学。専攻はピアノ(Emil Leonhardに師事)と音楽理論(Julius Josef Maierに師事)。また他にJohann Georg Herzogにオルガン奏法を師事。3年間の音楽院のコースを終了した後フランツ・ラハナーに個人指導を受ける[5]1859年には同音楽院にてピアノ演奏の教師に就任。同年聖ミヒャエル教会のオルガニストに就任[6] [7](ただし1863年に就任したとする資料もあり[8] [9] [10])。またペータースより初めての作品出版も行う(『4つのピアノ曲 op.1』)。翌年作曲[11] [12]、和声[13]、対位法[14]、音楽史[15]の教授に就任。1864年ミュンヘン・オラトリオ協会の指揮者に就任(~77年まで)。王立歌劇場の コレペティートルも勤める(~67年まで)。1867年4月に女流詩人のフランチェスカ(ファニー)・フォン・ホッフナースと結婚。秋にミュンヘン音楽院が再建されるとオルガンと作曲の教授となり、終生その地位にあった。音楽教師として非常に優秀だったため、ヨーロッパ及びアメリカから彼を慕って生徒が集まった。高名な教え子としてはエンゲルベルト・フンパーディンクエルマンノ・ヴォルフ=フェラーリジョージ・ホワイトフィールド・チャドウィックホレイショ・パーカー(ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの幼少期に家庭教師をしていたこともあった)などがあげられる。直接の教え子ではないが、マックス・レーガーマックス・ブルッフなどからも慕われた。リヒャルト・シュトラウスはいくつかの作品のタクトを振った[16]

1877年バイエルン王・ルートヴィッヒ2世によってフランツ・ヴュルナーの後任として宮廷楽長に任ぜられる。1878年、『ミサ曲 変ホ長調 op.109 (Cantus Missae)』をローマ教皇レオ13世に献呈し、聖グレゴリーの騎士に叙せられる。他、1887年ベルリン王立芸術アカデミーの名誉賞を受賞[17]1895年バイエルン王室より大十字勲章を授けられ一代貴族に列せられる。1899年ミュンヘン大学哲学部より名誉哲学博士号の授与、など生前は高い地位と名誉を収めた。1892年妻フランチェスカの死去以後は孤独な人生を送ったが、創作意欲は衰えず、彼自身が亡くなる年まで作曲・出版が続いた。生存中の最後の出版は『オルガンソナタ第20番 ヘ長調 op.196』。最後の作品『ミサ曲 ト短調 op.197』はクレドの途中で絶筆となった。生前は絶大な人気を誇った作曲家[18]であったが、死後その作品は急速に忘れられていく。

作曲家としてはオルガン曲が有名で、20あるオルガンソナタは彼の代表作である。そのほか宗教曲、管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲にも多くの作品を残している。バッハほどペダリングが複雑ではない為に、学習用の教材として用いられやすい。

合唱曲では、3つの宗教的な歌 op.69の第3曲Abendlied(夕べの歌)が小品ながら知られている。

作品[編集]

宗教曲[編集]

  • スターバート・マーテル op.16
  • 混声合唱のための5つのモテット op.40
  • 受難歌 op.46
  • 6つの讃歌 op.58
  • レクイエム 変ロ短調 op.60
  • ミサ曲 ヘ短調 op.62 Missa Puerorum(Kleiner und leichter Meßgesang)
  • 3つの宗教的な歌 op.69
  • ミサ曲 ニ短調 op.83
  • レクイエム 変ホ長調 op.84
  • 5つの讃歌 op.107
  • ミサ曲 変ホ長調 op.109 Cantus Missae
  • ミサ曲 ヘ長調 op.117 Missa brevis (Missa (in honorem) Sanctissimae Trinitatis)
  • 6つの讃歌 op.118
  • ミサ曲 イ長調 op.126 Missa in nativitate Domini
  • 4つの哀歌 op.128
  • 4つのモテット op.133
  • 復活祭讃歌 op.134
  • スターバート・マーテル op.138
  • 5つの讃歌 op.140
  • ミサ曲 ト長調 op.151 Missa St. Crucis
  • 6つの宗教的歌 op.157
  • ミサ曲 変ホ長調 op.155 Reginae Sancti Rosarii
  • ミサ曲 ヘ短調 op.159
  • 5つのモテット op.163
  • ミサ曲 ハ長調 op169
  • マリア讃歌 op.171
  • ミサ曲 変ロ長調 op.172
  • 降臨節のための9つのモテット op.176
  • ミサ曲 ト短調 op.187 sincere in memoriam
  • ミサ曲 ヘ長調 op.190
  • ミサ曲 ホ長調 op.192 Misericordias Domoni
  • レクイエム ニ短調 op.194
  • ミサ曲 ト短調 op.197 Missa omnium sanctorum(未完・絶筆)

オラトリオとカンタータ[編集]

  • ヤイロの娘 op.32
  • クリストフォールス op.120
  • ベツレヘムの星 op.164
    妻フランチェスカとの最後の合作。この曲の初演直後の大みそかに彼女は亡くなった(1892)

オペラ[編集]

  • 七羽のカラス op.20
  • 塔守の娘 op.70

ジングシュピール[編集]

  • 貧しいハインリッヒ op.37
  • 魔法の言葉 op.153
  • 金角湾から op.182

歌曲[編集]

  • 七つの歌 op.3
    後の妻フランチェスカに献呈された
  • 湖畔にて op.158
    妻フランチェスカ作詩による最後の歌曲集

管弦楽曲[編集]

  • 管弦楽のための交響的絵画『ヴァレンシュタイン』 op.10(交響曲第1番とも)
  • 交響曲ヘ長調『フィレンツェ交響曲』 op.87
  • 序曲『じゃじゃ馬ならし』 op.18
  • 序曲『デメトリウス』 op.110
  • 『大学序曲』 op.195
    1899年ミュンヘン大学哲学部による名誉哲学博士号の授与のさい、返礼として用意した。

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲 変イ長調 op.94
  • オルガン協奏曲第1番 ヘ長調 op.137
  • オルガン協奏曲第2番 ト短調 op.177

オルガン曲[編集]

  • オルガンソナタ第1番 ハ短調 op.27
  • オルガンの為の10曲のトリオ op.49
  • オルガンソナタ第2番 変イ長調 op.65 『幻想』
  • オルガンソナタ第3番 ト長調 op.88 『田園』
  • オルガンソナタ第4番 イ短調 op.98
  • オルガンソナタ第5番 嬰ヘ長調 op.111
  • オルガンソナタ第6番 変ホ短調 op.119
  • オルガンソナタ第7番 ヘ短調 op.127
  • オルガンソナタ第8番 ホ短調 op.132
  • オルガンソナタ第9番 変ロ短調 op.142
  • オルガンソナタ第10番 ロ短調 op.146
  • オルガンソナタ第11番 ニ短調 op.148
    第2楽章の「カンティレーナ」がしばしば単独で演奏される。
  • オルガンソナタ第12番 変ニ長調 op.154 (1888)
  • オルガンソナタ第13番 変ホ長調 op.161 (1889)
  • オルガンソナタ第14番 ハ長調 op.165
  • オルガンソナタ第15番 ニ長調 op.168
  • オルガンソナタ第16番 嬰ト短調 op.175
  • オルガンソナタ第17番 ロ長調 op.181 『幻想』
  • オルガンソナタ第18番 イ長調 op.188
  • オルガンの為の12曲のトリオ op.189 (1897)
  • オルガンソナタ第19番 ト短調 op.193
  • オルガンソナタ第20番 ヘ長調 op.196

ヴァイオリンとオルガンの為の音楽[編集]

  • ヴァイオリンとオルガンの為の6つの小品 op.150 (1874-1876)
  • ヴァイオリンとオルガンの為の組曲 op.166

ピアノ曲[編集]

  • ピアノソナタ第1番 ハ長調 op.47 『交響的』
  • ピアノソナタ第2番 変ニ長調 op.99
  • ピアノソナタ第3番 変ホ長調 op.135
  • ピアノソナタ第4番 嬰ヘ短調 op.184 『ロマンティック』

ピアノ四手連弾または2台のピアノための作品[編集]

  • タランテラ ロ長調 op.13
  • 2台のピアノのためのデュオ イ短調 op.15
  • 大ソナタ ハ短調 op.122

室内楽[編集]

  • ヴァイオリンソナタ第1番 変ホ長調 op.77
  • ヴァイオリンソナタ第2番 ホ短調 op.105
  • チェロソナタ ハ長調 op.92
  • ホルンソナタ 変ホ長調 op.178
  • ピアノ三重奏曲第4番 ヘ長調 op.191
    ピアノ三重奏曲は合計4曲出版しており、特にこの4番はピアノ6重奏曲として編曲、Sextett(ゼクステット)op.191b と題され演奏頻度が高い。
  • ピアノ四重奏曲 変ホ長調 op.38
  • ピアノ五重奏曲 ハ長調 op.114
  • 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 op.89
  • 弦楽四重奏曲第2番 ヘ長調 op.147
  • 弦楽五重奏曲 イ短調 op.82
  • 九重奏曲 変ホ長調 op.139
  • 組曲 ハ短調 op.149 オルガン、ヴァイオリンそしてチェロ(またはオルガン、ヴァイオリン、チェロそして弦楽五重奏)ための[19]

関連項目[編集]

  • シュテファン・モクラーニャッツ - セルビアの作曲家。ラインベルガーの下で学んでいた事がある。
  • ルイーゼ・アドルファ・ル・ボー - 後期ロマン派音楽の女性作曲家・ピアニスト。ラインベルガーの下で学んだ。トッカータ ホ短調 op.104の献呈[20]を受けている。
  • ハンス・フォン・ビューロー - 1867年、リヒャルト・ワーグナーと共にミュンヘン音楽院を再建し、ラインベルガーを作曲及びオルガンの教授に迎える。ラインベルガーに関しては「教師としての最高の能力と洗練さがあり、ドイツおよびその周囲において追随を許さない、真の理想的な教師」[21]と称賛した。また「今まで聴いた中でもっとも卓越したピアニスト」[22]とも評した。

脚注[編集]

  1. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 1 • Messen für gleiche Stimmen』、Carus-Verlag。
  2. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 5 • Messe in C』、Carus-Verlag。
  3. ^ なおこのラインベルガーの項目ができた時点でパリッシュ教会でオルガン奏者となると記されていたが、それは英語版Wikipediaにparish churchと記述されてことが誤訳された物と推測される。parishは「教区の」という意味で決して固有名詞を表しているわけでは無い。多くのサイトにて「パリッシュ教会」と引用されているため注意が必要である。
  4. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 1 • Messen für gleiche Stimmen』、Carus-Verlag。
  5. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 5 • Messe in C』、Carus-Verlag。
  6. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 1 • Messen für gleiche Stimmen』、Carus-Verlag。
  7. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 5 • Messe in C』、Carus-Verlag。
  8. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 4・Requiem』、Carus-Verlag。
  9. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 6 • Geistliche Gesänge I für Solostimmen bzw. Frauenchor mit Begleitung』、Carus-Verlag。
  10. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 7 • Geistliche Gesänge II für gemischten Chor a cappella』、Carus-Verlag。
  11. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 4・Requiem』、Carus-Verlag。
  12. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 6 • Geistliche Gesänge I für Solostimmen bzw. Frauenchor mit Begleitung』、Carus-Verlag。
  13. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 5 • Messe in C』、Carus-Verlag。
  14. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 6 • Geistliche Gesänge I für Solostimmen bzw. Frauenchor mit Begleitung』、Carus-Verlag。
  15. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 6 • Geistliche Gesänge I für Solostimmen bzw. Frauenchor mit Begleitung』、Carus-Verlag。
  16. ^ シュトラウスは1887に年オペラ『塔守の娘』を代理上演。1894年には『オルガン協奏曲第2番 ト短調 op.177』の初演を行っている。 『Josef Gabriel Rheinberger Leben und Werk in Bilden』、Carus-Verlagなど。
  17. ^ Josef Gabriel Rheinberger Leben und Werk in Bilden』、Carus-Verlag
  18. ^ 例えばオラトリオ『クリストフォールス op.120』は作曲者存命中最大のヒット作であり、欧米各所で150回近くの演奏がなされた。オルガン曲はドイツ国内での出版との間をおかず、イギリスのNovello社から出版され、死後ドイツ国内での忘れられても英語圏で非常に人気が高かった。アメリカにおいてはチャドウィックやパーカーなど60超の生徒がいたためしばしばその作品が演奏された。またフランスの高名なオルガニストアレクサンドル・ギルマンはしばしば彼の作品のフランスでの初演を行った。ギルマンは1900年代のアメリカ演奏旅行において、Vision(オルガンの為の12曲の性格的な作品 op.156 の第5番)を14回プログラムに乗せ非常に好評を博している。またオルガンソナタ第12番は23回演奏を行った。市民階級の台頭により、市民合唱団の興隆・婦女子の情操教育の一環として合唱曲、歌曲やピアノ曲は非常に需要が有ったため、二つ返事で出版社は受け取り出版した。多くの男声合唱団のために作品を提供したので、20を超える団体がラインベルガーを名誉団員と定めた。その中にはアメリカの団体もある。『Rheinberger Sämtliche Werke 9、15~22、38~40』、Carus-Verlagなど。
  19. ^ ラインベルガーの項目ができた時点では、2つのトランペットとオルガンのための組曲と記されていたが、そのような編成の曲は基本的に存在しない。Linn Recordsレーベル(BKD242またはCKD242)などにてトランペット編成の編曲バージョンが録音されているため誤記されたものと思われる。『Rheinberger Sämtliche Werke 28・Orgelkkonzerte op.137 und 177, Suite op.149』、Carus-Verlagなど。
  20. ^ Josef Gabriel Rheinberger Leben und Werk in Bilden』、Carus-Verlag。
  21. ^ Josef Gabriel Rheinberger Leben und Werk in Bilden』、Carus-Verlag。
  22. ^ Rheinberger Sämtliche Werke 35 Klavierverke II』、Carus-Verlag。

外部リンク[編集]